大雪が日本北部を襲い、交通を混乱させる

月曜日に大雪が日本北部を襲い、航空と鉄道の交通を混乱させ、気象当局はこの地域と国の一部の東部で吹雪が増えることを警告した。

北海道北本島への主要な空路である新千歳空港との往復約180便が欠航し、北海道鉄道は月曜日にJR札幌駅との往復列車をすべて停車させ、北海道新幹線の運行が遅れた。同じように。

吹雪のため当日はすべての列車が停車しているため、JR札幌駅は2022年2月21日に廃業しました。 (共同通信)

札幌など北海道の午後9時10分現在、約1,100本の列車が欠航しており、この地域の毎日の列車運行の約90%に相当し、155,000人の顧客に影響を与えています。

北海道の首都札幌近郊では火曜日の夕方までに最大50センチの雪が降ると予想されているため、鉄道事業者は火曜日の朝に札幌駅での列車の運行を停止すると発表した。

気象庁によると、首都は月曜日の午後3時までの24時間で30cmを超える降雪があった。

北海道北斗市の函館江差高速道路で数台の車両が交通事故に遭い、8人が急いで病院に運ばれました。 地元の救助隊員によると、そのうちの1人は死亡したと宣告された。

大雪と強風により、現場の視界が非常に悪くなったり、ホワイトアウトが発生したと考えられています。 多くの車両が高速道路で立ち往生していると彼らは言った。

写真は2022年2月21日に札幌で積もった雪です。(共同通信)

地元警察によると、北斗市では約十数台の車両が発生し、北海道の他の地域でも複数台の事故が発生した。

月曜日の24時間で、北海道羅臼町で76cm、新潟県湯沢町で64cm、長野県野沢温泉村で62cm、岐阜県白川村で59cmの降雪が見られました。

北陸と東は大雪が続くと予想されており、日本海沿岸の北陸地方の一部で70cm、北海道と東北地方の一部で50cm、東北地方で40cmの積雪が見込まれます。気象庁によると、火曜日の午後6時から24時間までの東部および中部日本の関東甲信地域の一部の地域。

2022年2月21日、北海道の雪に覆われた札幌を強風の中を歩く人々。(京堂)==京堂


。大雪が日本北部を襲い、交通を混乱させる
Source#大雪が日本北部を襲い交通を混乱させる

Leave a Comment