大阪府の寮で同僚に刺され、ベトナム人男性を逮捕。

大阪府警察本部 (毎日新聞)

大阪 – 大阪府で同僚が刺されて死亡した後、ベトナム人の男が殺人未遂の疑いで逮捕された、と警察は1月6日発表した。

逮捕されたのは、大阪府和泉市の寮で同居していた男を刺した疑いで、ベトナム国籍のグエン・ヴァン・ズン容疑者(31)。

大阪府警は、容疑者を全国指名手配リストに載せて、容疑者を見つけるために一般市民の助けを求めていた。 警察は 1 月 5 日に男性の写真を共有した直後、容疑者を知っている人物から情報を得て、その夜、大阪市内の駅で彼を拘束しました。

容疑者は、昨年12月30日午後11時ごろ、住宅リフォーム会社の社員寮にいた32歳の被害者の胸の右側を刃物で刺した疑い。 被害者は、治癒するのに約 1 週間を要した怪我を負いました。 容疑者は警察に対し、包丁を使ったと供述しているが、被害者を殺そうとしたことは否定している。

捜査関係者によると、容疑者と被害者は7人のベトナム人グループで一緒に飲食をしていたところ、金銭問題で口論になった。 被害者のほか、男性2人が刃物で刺された。

事件後、容疑者は現場から逃走し、大阪府外の野外で野宿していたという。 容疑者は捜査関係者に対し、全国的な捜査対象になっていることをニュースで知り、知人に連絡して自首したと話したという。

(郡雄介、ホン・ミンヒャン)

大阪府の寮で同僚に刺され、ベトナム人男性を逮捕。

Source#大阪府の寮で同僚に刺されベトナム人男性を逮捕

Leave a Comment