大阪クリニックの容疑者がアニメスタジオで放火をコピーした可能性があります

先週、大阪のメンタルヘルスクリニックで致命的な火災が発生した容疑者は、2019年に京都のアニメーションスタジオで致命的な放火をコピーすることを意図していた可能性があります。火曜日。

谷本守夫容疑者は、大阪の西淀川地区にある自宅に、36人の命を奪ったアニメスタジオの火災に関する報道が掲載された新聞のページを残していた。言った。

花は2021年12月20日、大阪での致命的な火災の影響を受けたマルチテナントビルの前に置かれています。 建物内の精神科クリニックの61歳の患者は、12月17日に火災が発生し、24人が死亡した疑いがあります。 (共同通信)==共同通信

関係者によると、大阪クリニックの火災の約30分前に男性の自宅で小さな火災が発生し、警察は彼が計画された放火攻撃の前にガソリンを点火しようとしたのではないかと疑った。

容疑者は、クリニックの61歳の患者で、11月下旬に約10リットルのガソリンを購入したことが判明し、警察は彼が人を殺す強い意図を持っていると信じさせたと情報筋は述べた。

谷本氏はまた、人々が逃げるのを防ぐために、前日に外部からダクトテープで診療所の緊急出口を封鎖しようとしたと考えられている、と調査の他の情報筋は述べた。

2021年12月20日に撮影された写真は、大阪での致命的な火災の影響を受けたマルチテナントビルの前に置かれた花を示しています。 建物内の精神科クリニックの61歳の患者が、12月17日に発砲し、24人が死亡した疑いがあります。 (共同通信)==共同通信

警察は、谷本容疑者が金曜日に北区の建物の4階で火災を起こし、24人が死亡したとみている。

一酸化炭素中毒で死亡した24人の犠牲者のうち、クリニックの所長である西澤浩太郎さん(49)を含む21人が特定された、と警察は語った。

谷本は一酸化炭素中毒のため深刻な状態が続いています。

西沢容疑者は妻に、事件の前日に非常階段につながるダクトテープを発見し、それを取り除いたと語った。

心身・精神科クリニックで撮影された監視カメラの映像は、谷本が到着してから約1、2分後に火災が発生したことを示していました。

警察は、彼が健康診断を受けたという口実で診療所に行ったのではないかと疑っている。

カメラの映像は、容疑者が診療所の受付エリアの前に紙袋を置いていることを示していました。 容疑者は鞄の横にしゃがみ込んで手を振ると、天井に向かって火が急速に上がっているのが見えた。 火事が始まったと思われる場所で、燃えたライターが見つかりました。

ガソリンの購入については、谷本さんがバイクに使うと言っていたそうです。

ガソリンはコンテナで購入する必要があるため、購入時に身分証明書を提示しました。

。大阪クリニックの容疑者がアニメスタジオで放火をコピーした可能性があります

Source#大阪クリニックの容疑者がアニメスタジオで放火をコピーした可能性があります

Leave a Comment