大阪の建物火災で27人が死亡。 放火の疑い

消防当局によると、金曜日に大阪のビルで火災が発生し、27人が死亡する恐れがあるとのことです。

地元の消防署は午前10時20分ごろ、JR大阪駅近くの8階建てのマルチテナントビルの4階で火災が発生したとの報告を受けた。 合計28人が負傷し、そのうち27人はバイタルサインがありませんでした。

消防署によると、火は約20平方メートルのエリアで燃えた後、午前10時45分頃にほぼ消火されました。

火災は4階の診療所で発生したようです。 クリニックのウェブサイトには、心身医学的および精神医学的治療が提供されていると書かれています。

調査筋によると、北区の建物に「男が火をつけた」という報告があるという。 消防士によると、建物の4階から、17人の男性と10人の女性が、すべて生命の兆候なしに連れて行かれました。

警察はまた、火災は、60代のように見える男性が持っていた紙袋から分散した液体から始まったと伝えられた。







大阪の建物火災で27人が死亡。 放火の疑い

Source#大阪の建物火災で27人が死亡 #放火の疑い

Leave a Comment