大関貴景勝が九州初敗戦で高安に敗れる

大関貴景勝は火曜日の九州大相撲で初敗を喫し、福岡国際センターでの3日目のアクションでNo. 1前頭高安に落ちた。

負傷した横綱照ノ富士なしで行われた試合で、3回目の天皇杯を目指す貴景勝(2-1)は、元大関高安(2-1)によって砂の表面に倒されたとき、5人の無敗の戦闘機に加わることができませんでした.

2022年11月15日、福岡国際センターで行われた九州大相撲3日目、高安に敗れる貴景勝(右)(共同)

9月の前回大会でタイトル争いを繰り広げた高安は、最初の数プッシュで試合を制した。

「明日に集中する必要があります。私はすでに考え方を変えました」と貴景勝は語った。

大関初代(2-1)は6回戦でNo.1琴乃若(0-3)に初勝利を挙げ、持ちこたえながら力強いドライブでポイントガードを外した。

初台は、9月に敗戦記録に落ちた後、キャリアで5度目の降格の危機に瀕した「門番」大関として戦っている。 福岡で8勝以上すれば、2位にとどまることができる。

関脇御嶽海(2-1)は、コムスビ大栄勝(2-1)がシュートを交わした後、彼を落として最初の敗北を喫した。 試合前に大関から降格した御嶽海は今月10勝すれば復帰できる。

関脇星龍(3勝0敗)がベルトを奪ったが、巨人2号一之丞(1勝2敗)を追い出し、モンゴル生まれの2人の格闘家同士の戦いの後、無敗を維持した。

関脇若隆景(2勝1敗)は不運なNo.2明星(0勝3敗)を相手に、序盤のプレッシャーであっさり退場。

新人コムスビトビザル(3-0)は、9月秋大会チャンピオンのタマワシ(0-3)との初突撃で大胆に体をかわし、完璧に持ちこたえ、素早くベテランコムスビを倒した。

霧葉山小結(2-1)は時間をかけたが、小柄な3号緑富士(1-2)をオーバーアームシュートで落とした。 No.9安比、No.11琴勝穂、No.16平堂海が3連覇。

初代(右)が琴乃若を撃破。

大関貴景勝が九州初敗戦で高安に敗れる

Source#大関貴景勝が九州初敗戦で高安に敗れる

Leave a Comment