大規模なチェロ アンサンブルが、2023 年に被災した福島のために演奏します

2011年の東日本大震災、津波、原発事故で被災された方々の冥福を祈るため、来年5月に福島県で国内外から800人のチェロ奏者が集うコンサートが開催されます。

2023ふくしまチェロコンサート実行委員会は、アマチュア・プロを問わずチェロ奏者の参加を呼びかけています。 行事、 5月21日に福島市の体育館でアンサンブルとして演奏します。 彼らを乗せて県内各地で演奏するチェロキャラバンも予定されている。

申し込みを開始してから 5 週間で、200 人以上が関心を示しました。 その中には、主に音楽を通じて才能を育てることを目的として日本で生まれた教育哲学、いわゆる「スズキ・メソッド」のオーストラリアのチェロ教師もいます。

個人的な経験から、チェロ奏者として動き回ることの難しさを知っている委員会のシン・ミキオ委員長は、大きな弦楽器は、自分のものを持ってこられない人のために地元で借りることができると語った.

2018年5月24日、北日本の札幌で150人のチェロ奏者によるコンサートが開催されました。(写真提供:2023福島チェロコンサート)(共同)

2011 年 3 月 11 日の大惨事からわずか 5 週間後、シンさんも被災地にいました。昨年はインフラの修復が進んでいました。 それでも、多くの住民は放射性降下物のために家に帰ることができません。

「『心の再建』という点では、人々はまだ道半ばだと感じた」と彼は語った。 そこで、このプロジェクトは、弦楽器としてのチェロの「人間の声に近い」という特性を活かし、「癒し効果」を生み出すことを目指しています。

全国と海外のチェロ奏者が2月から対面とオンラインで公式練習を行い、レパートリーはクラシックから東北地方の民謡まで幅広い。

1964年の東京オリンピック開会式のテーマ曲で知られる、福島出身の作曲家・古関裕二氏の楽曲も披露される。 チェロ奏者は地元の高校生合唱団150人に加わる。

写真は東京チェロアンサンブル。 (著作権:堀田力丸)(写真提供:東京チェロアンサンブル)(共同)

国内外で著名な演奏家としての実績を持つ日本人音楽家10人組の東京チェロアンサンブルや、2011年に同じく東北地方で大打撃を受けた近隣の宮城県をはじめ、各地のチェロ奏者が参加する。

構想中のチェロアンサンブルプロジェクトは、1998年に兵庫県神戸市で1995年の阪神淡路大震災を記念して開催された大規模なチェロコンサートに端を発しています。

シン氏は、神戸コンサートの後に設立され、その後大規模なチェロ公演を組織した、現在は解散した非営利団体への関与の経験を生かしていると語った.

NPOが解散したとき、彼はいつの日か福島でコンサートを開催することを約束しました。これは当初、三重災害の10周年である2021年に予定されていましたが、COVID-19パンデミックのために延期されました.

シンさんは「遠くにいる人たちが忘れていないことを伝え、チェロを通して元気づけたい」と話した。

2018年11月4日、兵庫県で150人のチェロ奏者による演奏会が開催された。(写真提供:2023福島チェロコンサート)(共同)

.大規模なチェロ アンサンブルが、2023 年に被災した福島のために演奏します
Source#大規模なチェロ #アンサンブルが2023 #年に被災した福島のために演奏します

Leave a Comment