大栄翔が怪我からの初日復帰で照ノ富士春雄を狂わせる

唯一の横綱照ノ富士は、15日間の夏の大相撲で日曜日に負傷のカムバックを開始し、小結大栄翔に憤慨した。

3月のグランドトーナメントのほとんどを右かかとと左ひざの負傷で欠場した照ノ富士は、国技館での最終試合でトレードマークのプッシュとスラスト攻撃を行った大栄翔との2連覇に敗れた。

大栄翔(左)が2002年5月8日に東京の国技館で開催された夏の大相撲の初日に照ノ富士を破る(京道)

小結は、抵抗をほとんど示さなかった後、彼の健康についての質問に直面している6回の天皇杯優勝者を押し出したとき、マークから外れて強く、勢いがありました。

「私は前に進んで相撲のスタイルをする必要がありました」と大栄翔は言いました。 「私は突っ込み攻撃と押し出し攻撃に取り組んでおり、スキルを向上させてきました。」

番狂わせの初日、御嶽海は3つの大関の中で唯一の勝者であり、貴景勝光信と将大の両方が下位の対戦相手に落ちました。

1月のトーナメントで優勝した御嶽海は、元大関高安を押し出し、好成績を収めて1位の前頭として戦った。

高安は内側のグリップで有望なスタートを切ったが、御嶽海は前頭を端まで動かして外に出す前に外側から反撃した。

No.2琴ノ若は貴景勝光信を押し出し、印象的な資格を磨き続けました。

力強く造られた24歳の貴景勝光信は、貴景勝光信の突撃をかわし、顔を平手打ちした後、ストローに押し付けた。

「プッシュアタックを進めて大関にプレッシャーをかけ続けたかったのですが、それでも改善を続ける必要があります」と貴景勝光信を倒したことのない琴ノ若は語った。

降格の危機に瀕した「門番」大関として3月の大会を開いた正大は、再び不振なスタートを切り、無理矢理1位の霧馬山に敗れた。

横綱の下の3つの「三役」ランクへの復帰を目指している元小結霧馬山は、「私は前進したかっただけで、持っているすべてのものを与えました」と語った。 「まだまだ長い道のりだ」と彼は語った。

3月デビュー3位の関脇若隆景渫は、前頭3位の北勝富士大輝を追い出し、力強く見えた。

北勝富士がジャンプから前に出た後、アセンダントスターは地面を保持し、前の小結のバランスを崩して彼を束ねるための開口部を辛抱強く待った。

関脇アビは、モンゴルの第4玉鷲一に対して、憤慨した敗北を喫した。

モンゴルの小結豊昇龍智勝は、三役での2回目のトーナメントで勝利を収めることができず、遠藤4位に敗れました。


関連する報道:

相撲:若隆景渫、御嶽海は東の戦いを更新します

相撲:東京のエリート大学から最初のレスラーになる24歳のセット


。大栄翔が怪我からの初日復帰で照ノ富士春雄を狂わせる
Source#大栄翔が怪我からの初日復帰で照ノ富士春雄を狂わせる

Leave a Comment