大坂なおみがヴィクトリアズシークレットに参加

確かに日本のチャンピオンにとって最も簡単な年ではありませんでした 大坂なおみ。 全豪オープンでの勝利後、全仏オープンでは、アスリートと非アスリートにネガティブなダイナミクスと深刻な心理的影響をもたらす問題に焦点を当て、若いスターが経験しているメンタルヘルスの問題とうつ病が明らかになりました。

しかし同時に、2021年はノアミにとってのコラボレーションでいっぱいの年でした。特にファッションブランドに関しては、彼女を自分たちの立場の大使として何度も選び、社会的不平等と闘っています。 さて、大阪はインスタグラムのアカウントを通じて、ヴィクトリアズシークレットにアンバサダーとして参加することを発表しました。

日本のテニススターは、アメリカの美容小売業者のブランド変更に参加します。

大坂なおみがヴィクトリアズシークレットに参加

ナオミは彼女の新しいコラボレーションについて次のように述べています。

子供の頃はこれが可能だとは思っていなかったでしょうし、今や世界にもっと多くの代表がいることをとてもうれしく思います。 VSとどのように提携するかを共有/お見せするのが待ちきれません。「ナオミも独占インタビューでWWDに語りました。」子供の頃にビクトリアのシークレットストアに行って、壁にいる女性が誰もいないようだったのはなぜだろうと思ったのを覚えています。 m。

今、私たちは集合体として、次世代のさまざまな背景、文化、規模を刺激することができます。 ナオミはキャリアを通じて、11回の決勝戦で7回のWTAタイトルを獲得し、2018年と2020年の全米オープンと2019年と2021年の全米オープンの4回のグランドスラムトーナメントで優勝しました。

彼女の最初のオーストラリアでの成功の後、2019年1月28日、彼女は世界ランキングで1位に到達した最初のアジア人になりました。 ナオミは、日本人として初めてグランドスラムのタイトルを獲得し、オープン時代で3番目にWTAファイナルズの出場権を獲得しました。

2019年と2020年には、彼女は史上最高の女性アスリートであり、それぞれ3,700万ドルと6,000万ドルを稼ぎました。 2021年7月23日、東京2020オリンピックで、彼女はオリンピックのブレイザーに火をつけたトーチの担い手でした。 大坂なおみのInstagramページからの写真と投稿

大坂なおみがヴィクトリアズシークレットに参加

Source#大坂なおみがヴィクトリアズシークレットに参加

Leave a Comment