大企業に男女賃金格差を報告させる日本

日本は、職場の体系的な格差に対処する取り組みの一環として、今年早くも大企業に男女賃金格差の開示を要求することを開始する予定です。

この規則は、上場企業と非公開企業の両方で、常に少なくとも301人の従業員を雇用している企業を対象としています。 政府は、岸田文雄首相が6月にまとめる「新資本主義」行動計画に盛り込む計画だ。

企業は、ウェブサイトやその他の場所で、絶対的な条件ではなく、男性の給与のパーセンテージとして女性従業員の給与を公開するように指示されます。 彼らは、正社員と非常勤の従業員によって数字を分解する必要があります。 格差の正当な理由はすべて開示する必要があります。

この規則は、上場していない10,000社を超える企業に影響を与える可能性があります。

企業はすでに、女性幹部の割合や男性と女性の平均在職期間の違いなどのデータを公開する必要があります。 政府は、女性の労働参加に関する法律を管理する行政規則の必要な更新について専門家と話し合う予定です。

政府はこの権主義勢話」を導れの論のその断するのようにできてしようできてしようた。をできてする化します」こことのは301人からか大人って1万8000社で、下上場上場企業もここからます。ます日本では管理になる人の数や年数の短さを受けるから、人形一時間でももしの政策が得がまのクラス7割りとどむし、成の賃金にできます。法定省令を6し、八月に







大企業に男女賃金格差を報告させる日本
Source#大企業に男女賃金格差を報告させる日本

Leave a Comment