墜落現場周辺の海域で発見されたF-15乗組員の遺体

航空自衛隊は、2週間前の日本海上での訓練任務中に降下した戦闘機の乗組員の1人の遺体を発見しました。

F-15ジェット機は、中部日本の石川県の小松空軍基地から離陸した直後にレーダーから落下し、海に墜落した。

海上自衛隊の隊員は、ジェット機に乗っていた田中麹大佐と上田竜星大尉の二人を捜索している。

ASDFによると、あるフライヤーの遺体は、金曜日に戦闘機が墜落した地域で発見されたとのことです。

体を特定しましたが、まだ名前を公表していません。

飛行機の垂直尾翼の大きな部分が海の底にありました。 ASDFは、商用船を使用してそれを回収することを計画しています。

航空自衛隊は小松作にF15戦闘機がししそうになるで自衛官しした自衛官1人遺体遺体目したとせました先先月日日まし州先小松戦闘機離陸しに海に墜落しました戦闘機にはは田田公司1等空佐と宅田竜生1等空尉の2人がしてい男したた。-Annnewsch







墜落現場周辺の海域で発見されたF-15乗組員の遺体
Source#墜落現場周辺の海域で発見されたF15乗組員の遺体

Leave a Comment