在日側近に感染拡大 首相が警戒

COVID-19 の再流行は、日本の岸田文夫首相の側近の多くを襲い、日常業務と彼が感染するリスクについて懸念を引き起こしています。

日本がコロナウイルス感染の第7波に取り組んでいる中、危機管理を担当する政権の公の顔である政府のトップスポークスマンである松野弘和は、7月23日にCOVID-19の検査で陽性となり、対面での作業を要約するまで自宅で隔離されました火曜日に。

2022年7月22日、東京都内で記者会見する松野官房長官(共同)

首相の日々のスケジュールと主要な問題に関する政策調整を担当する岸田氏の8人の秘書官のうち3人も、最近陽性反応を示した。

政府のCOVID-19対応の責任者である宇波博隆氏は、8人の中で最初に隔離措置を講じた.

新型コロナウイルス感染症の影響で、島田貴史秘書官は日曜からニューヨークへ向かう岸田氏の同行を断念し、核拡散防止条約の再検討会議に出席した。

日本代表団の 3 番目の支援者である山本貴義は、隔離のため、当初計画されていたよりも長く米国に滞在することを余儀なくされました。 岸田氏も国連本部に同行する当局者も濃厚接触者とはみなされない。

当局者によると、首相官邸の職員は陽性反応が出た場合、自宅で仕事をし、必要に応じて同僚が代役を務めることで、日々の業務に支障がないようにしているという。

2022年8月1日、東京の首相官邸で記者会見に臨む木原誠治官房副長官(共同)==共同

ただ、岸田氏の側近は「予算委員会があったら大変なことになっていた」と警鐘を鳴らした。 委員会は政府にとって重要な問題を扱い、国会議員からの質問に答えるために首相の出席を必要とすることがよくあります。

政府の松野スポークスマンは、約1週間離れた後、隔離期間中も必要な決定を下しながら、スタッフから報告やアドバイスの要求を受けたと語った.

「私は3回のワクチン接種を受け、基本的な感染対策を毎日行っていました。私の経験から、誰でも感染する可能性があると言えます」と彼は火曜日の定例記者会見で語った。

米国では、ジョー・バイデン大統領が、7月下旬に陽性反応を示した後、隔離されている間も職務を遂行し続けました。

火曜日に米国旅行から日本に帰国した岸田氏は、マスクを着用し、コロナウイルスに対する予防措置を講じている. しかし、伝染性の高い BA.5 株に支えられて、COVID-19 の毎日の感染者数が日本で記録的な高さに達しているため、感染のリスクは依然として残っています。

重要な出来事が、1945 年の米国の原爆投下を被った広島市の議員である岸田を待ち受けています。 彼は、土曜日に77周年を記念する式典に出席する予定であり、8月9日には同じく米国の原子爆弾によって荒廃した長崎のために別の式典に出席する予定である.

首相に近い関係者は「今大事なのは首相の感染を防ぐことだ。

2011年に撮影されたファイル写真は、東京の日本の首相官邸(左)とオフィス(右、正面)の外観を示しています. (経堂)


関連記事:

日本の健康専門家は政府にCOVID対策の見直しを加速するよう要請

日本は病院の緊張の中でCOVID-19対策を変更することを検討しています

日本の首相は、COVID-19の記録的な症例にもかかわらず、制限は不要であると述べています


.在日側近に感染拡大 首相が警戒
Source#在日側近に感染拡大 #首相が警戒

Leave a Comment