国際核パネルは、ロシアにウクライナの発電所の差し押さえを終わらせるよう促す

進行中の大規模な核軍縮会議の下にあるパネルは、日曜日の報告書草案によると、ウクライナ南部の原子力発電所の押収を終わらせるようロシアに効果的に促した。

2021 年 4 月に撮影されたファイル写真は、ニューヨークの国連本部を示しています。 (経堂)

ザポリージャ発電所の「管轄権を有するウクライナ当局への管理の回復」の要請は、8月26日の核不拡散条約審査の終了までに最終化され、他の2つのパネルの報告書と組み合わされる予定の草案に含まれています。国連本部での会議。

NPT 会議の下で第 2 主要委員会がまとめた草案によると、「ウクライナのザポリージャ原子力発電所の近くまたはそこで行われている軍事活動に深刻な懸念を表明している」。

ヨーロッパ最大の原子力発電所の敷地内での頻繁な紛争により、欧州連合のすべての加盟国だけでなく、米国や日本など合計42か国が日曜日に共同声明を発表し、ロシアに原発からの即時撤退を要請しました.

報告書草案は、安全性とセキュリティを確保し、国際原子力機関による施設での検証活動の「効果的な実施」を確保するために、プラントをウクライナの管理下に置くべきだと述べた。

核不拡散に関連する問題を扱う委員会と、第 1 および第 3 主要委員会は、最終的に、進行中の会議の報告書草案を 1 つの最終文書にまとめようとします。

第 1 委員会は核軍縮を扱い、第 3 委員会は原子力の平和利用を扱います。 パネルは、核兵器保有国に先制攻撃を控えるよう要求することと、ウクライナの核施設の安全性について懸念することをそれぞれ含む、報告書の最終化に取り組んできました。

.国際核パネルは、ロシアにウクライナの発電所の差し押さえを終わらせるよう促す
Source#国際核パネルはロシアにウクライナの発電所の差し押さえを終わらせるよう促す

Leave a Comment