国連災害局長は、日本は気候リスクの軽減に役割を果たすことができると述べています

日本は災害が起こりやすい国として、他の国々が気候変動のリスクを軽減する準備をするのを助ける上で重要な役割を果たすことができると、災害管理を担当する国連事務所の責任者は述べた.

日本は、開発途上国における早期警戒システムの確立を支援するために設計された政府開発援助 (ODA) プロジェクトに貢献している数少ない国の 1 つだと、国連災害リスク削減局の水鳥真美局長は最近のインタビューで述べました。共同通信と。

2022年10月10日、ジュネーブで共同通信の取材に応じる国連防災事務局長の水鳥真美さん(共同)

元外交官によると、世界の政府災害関連開発援助の約 96% が災害対応と復旧に割り当てられており、リスク軽減には 4% しか使われていない.

水鳥氏は、この方程式を逆転させなければならないと述べ、「これが災害がこれ以上荒廃しない唯一の方法だ」と付け加えた。

日本は、2011 年のマグニチュード 9.0 の地震や津波などの災害を経験したことから、常に予防を強く提唱してきました。日本は、1994 年、2005 年、2015 年に開催された 3 回の国連防災会議のすべてを主催しました。

UNDRR によると、2000 年以降、災害の数はほぼ 2 倍になりましたが、その結果生じる経済的損失は、主に気候変動が原因で 3 倍になりました。 温室効果ガスの排出を削減するための対策が講じられなければ、2030 年までに災害の数が 40% 増加する可能性があります。

しかし、予報サービスによるアラートを含む早期警戒システムと、災害情報の迅速かつ効率的な普及により、死亡率が低下する可能性があり、そのようなシステムを確立するためにより多くのリソースを割り当てる必要があると水鳥氏は述べた.

国連は最近、地球上のすべての人が 2027 年までに早期警戒システムにアクセスできるようにするという新たな目標を設定しました。現在、そのようなシステムを備えている国は世界の約半分にすぎません。 脅威に最もさらされている小さな島嶼開発途上国では、その割合は 30% まで低下します。

水鳥氏は、2015 年に採択されたリスク削減ガイドラインは、災害後の救援だけでなく、危険の防止に重点を置いているため、「先見の明がある」と述べています。

ウイルスの世界的な拡散などの生物学的危険性はガイドラインに含まれていましたが、あまり注目されていませんでした。 しかし、コロナウイルスのパンデミックとそれに伴う世界的な健康危機が状況を変えたと彼は述べた。

「十分な予防策を講じていない場合、準備ができていない危険があなたを襲い、それが大きな災害になることを人々は見てきました」と水鳥氏は語った.


関連記事:

国連の専門家が日本に福島の避難民ボランティアを支援するよう要請

日本は原子力発電所の最長耐用年数を 60 年以上に延長する準備をしている

日本は、北朝鮮での発射後のJアラートの誤動作について謝罪します


国連災害局長は、日本は気候リスクの軽減に役割を果たすことができると述べています

Source#国連災害局長は日本は気候リスクの軽減に役割を果たすことができると述べています

Leave a Comment