国連事務総長、世界は「核による絶滅」の瀬戸際にあると警告

米国、英国、フランスがロシアに「危険な核のレトリックと行動」をやめるよう促す中、国連のアントニオ・グテーレス事務局長は、誤解が世界的な核破壊を引き起こす可能性があると警告した.

ニューヨークで開催された核拡散防止条約(NPT)会議の開会式で、グテーレス氏は世界が「冷戦の最盛期以来見られなかった核の危険」に直面していると警告した。

グテーレス氏は、ロシアとウクライナの対立、朝鮮半島と中東での緊張を引き合いに出し、「核を帯びた」危機がエスカレートする恐れがあると述べた。

グテーレス氏は、核兵器の拡散を防ぐために1970年に発効した国際条約であるNPTの第10回再検討会議で、「今日、人類は1つの誤解、1つの誤算に過ぎず、核による絶滅は避けられている.

「これまでのところ、私たちは非常に幸運でした。しかし、運は戦略ではありません。また、地政学的な緊張が核戦争に発展するのを防ぐ盾でもありません」核兵器。”

排除は唯一の保証です

ニューヨークの国連本部で開催されたこの会議は、Covid-19 のパンデミックにより、2020 年以来数回延期されてきました。 8月26日まで開催されます。

グテーレス氏は、この会議は条約を「強化するチャンス」であり、「私たちの周りの心配している世界に合わせたものにする.

事務総長は、「核兵器を廃絶することが、核兵器が決して使用されないという唯一の保証である」と述べ、1945 年 8 月 6 日の米国による日本の都市への原爆投下の記念日に広島を訪問すると付け加えた。

グテーレス氏は「現在、世界中で約1万3000発の核兵器が保有されている。核拡散のリスクが高まり、エスカレーションを防ぐためのガードレールが弱体化しているこの時期にある」と述べた。

RFI で最初に公開されたもの

.国連事務総長、世界は「核による絶滅」の瀬戸際にあると警告
Source#国連事務総長世界は核による絶滅の瀬戸際にあると警告

Leave a Comment