国民投票での外国人住民の投票は拒否されました

東京の武蔵野市議会は、同市の外国人居住者が日本人の隣人と同じ条件で国民投票に投票することを許可する条例案を却下した。

松下玲子市長は、さまざまな出身の住民の意見を市政に取り入れることを目的に、市議会に提案を提出しました。

提案は、少なくとも3か月間居住者として登録されている18歳以上のすべての人に国民投票を与えることでした。

これにより、外国人は日本人と同じ条件で効果的に投票できるようになります。

国民投票の結果は法的拘束力はありませんが、条例案は、議員を含め、市の内外で大きな注目を集めました。

議会委員会は先週草案を承認した。 しかし、火曜日の本会議で14-11に反対票を投じました。

立憲民主党と日本共産党が率いる派閥の党員が賛成票を投じ、自由民主党と公明党が率いる派閥の党員が反対票を投じた。

議会の議員は、この計画に賛成して、提案された条例は市民の自治を促進するのに大いに役立つだろうと述べた。

しかし、別の人は、外国人居住者が投票する前に、特定の条件を設定する必要があると主張しました。

松下市長は投票後、議会の拒否を真剣に受け止めていると記者団に語った。

彼は、条例を公布する前に、より多くの情報が提供されるべきであるという議会の意見を聞くだろうと述べた。

松下氏は、提案を見直し、多様性を尊重し、支え合う社会をつくる方法を模索していくと付け加えた。

東京都武蔵野市では、同市に住む外国人が国民投票に参加できるように条例案が提出されたが、21日の市役所での投票により却下された。–ANNnewsCH







国民投票での外国人住民の投票は拒否されました

Source#国民投票での外国人住民の投票は拒否されました

Leave a Comment