史上最大の大砲を搭載した中国の船が尖閣諸島付近の日本の領海に侵入

中国海警局によると、中国海警局は、東シナ海の尖閣諸島付近で、史上最大の大砲を搭載した中国海警局の船が金曜日に日本の領海に侵入したと発表した。

船舶を含む4隻の中国沿岸警備隊船が、北京が主張する東京が管理する無人島沖の海域で発見された、と沿岸警備隊は述べた.

2012 年 9 月に撮影された、東シナ海の尖閣諸島を示す資料写真。 (木戸)

金曜日の午前 2 時 35 分頃、2 隻の船が日本の領海に入り、最初の船が 2 番目の船に続いた。 午前 10 時頃、さらに 2 機が到着し、1 機は 76 mm 砲を搭載していたと彼は付け加えた。

沿岸警備隊によると、日本の巡視船が中国船に直ちに立ち退くよう命じた後、4 隻は同日遅くに領海外の隣接海域に移動した。

中国公船による領海侵犯は今年で32回目で、11月13日以来。 尖閣諸島近海では、中国船が連続して 23 日間、隣接海域を含めて確認された。

今月初めまで、37mm 砲は、海上保安庁が確認した中国船に搭載された最大の砲でした。 しかし、中国は 11 月 15 日、ほぼ 3 年ぶりにタイで開催される初の日韓首脳会談の 2 日前に、尖閣諸島沖の日本の領海外の接続地域に 76 mm 砲を搭載した海上保安船を派遣しました。 .

金曜日の後半、日本の松野博和官房長官は記者会見で、中国沿岸警備隊によるそのような海洋活動は国際法に違反していると述べ、北京を批判した。

政府の最高報道官である松野氏は、日本は最近の動きについて外交ルートを通じて中国に抗議したと付け加えた。

日本の外務省によると、バンコクでの習近平国家主席との会談で、岸田文夫首相は、尖閣諸島に対する東京の支配を弱体化させようとする中国の試みに対する日本の「深刻な懸念」を伝えた。

尖閣諸島は長い間、東アジアの 2 つの国間の緊張の原因となってきました。 日本は、中国では釣魚島と呼ばれるこの島々が自国の固有の領土であるという立場を維持しています。

史上最大の大砲を搭載した中国の船が尖閣諸島付近の日本の領海に侵入

Source#史上最大の大砲を搭載した中国の船が尖閣諸島付近の日本の領海に侵入

Leave a Comment