台湾独立の複雑な問題

「戦略的曖昧さ」 – 半世紀以上にわたって西側諸国の台湾防衛を支えてきた政策 – は、別の曖昧さ、つまり国際法における台湾の地位に依存している。 このステータスは、次の 3 つの質問に答えるのに役立つ可能性があるため、重要です。

  • 中国には、力ずくで自国の領土の支配権を回復する法的権利がありますか?

  • 台湾とその同盟国は、そのような攻撃に抵抗する法的権利を持っていますか?

  • 台湾は独立を宣言する権利さえあるのだろうか?

私たちが台湾として知っている島々には、中国本土からの相次ぐ人々の波を含め、30,000 年前から人が住んでいます。 台湾は 17 世紀初頭から部分的にオランダとスペインの植民地化を受け、1661 年から本土の明王朝の残党によって部分的に支配され、1683 年から本土の清王朝によって植民地化されました。本島は 1887 年に中国の省として法人化されました。 .

1894 年から 1895 年の日中戦争の後、台湾は条約によって日本に割譲されました。 (当時、そして 1928 年までは、国は戦争または植民地化によって外国領土に対する主権を法的に取得することができました。) その後、1945 年の日本の敗戦後、国連は台湾を中華民国の支配下に置きました。 1912 年に設立された中華民国は、主要な西側諸国の戦時同盟国である民族主義者の国民党によって率いられました。

日本は 1951 年のサンフランシスコ平和条約に基づいて台湾に対する主張を放棄しましたが、その協定もその他の協定も台湾の将来の主権を解決するものではありませんでした。 しかし、1943 年の拘束力のないカイロ宣言で、連合国は台湾を中華民国に返還することに同意した。

1 つの中国、2 つのライバル政府

状況は 1949 年に再び変化し、共産党軍が中国の内戦に勝利し、中華人民共和国 (PRC) を敗北した中華民国の後継国家として宣言した. 台湾に撤退した中華民国も中華人民共和国も、自分が唯一の合法的な「国家」であり、中国全土の合法的な政府であると主張した。

中華民国は 1945 年に国連の創設メンバーとして受け入れられ、次の四半世紀にわたって全中国の代表として扱われました。 しかし、1971 年、国連総会は中華人民共和国を国連における中国の「唯一の正当な代表者」と認め、ROC の代表者を追放した。 国連の決定は、どの組織が国連加盟国として中国を代表する権限を持っているかを決定したが、台湾に対する主権を扱っていなかった.

中国と中華民国は当初から、台湾は「彼らの」中国の一部であると主張していました。 台湾を統治したことはありませんが、中国は今日も同じ「一つの中国」の原則を維持しています。 中華民国は、1949 年に本土の支配権を失い、1971 年に国連から追放されたにもかかわらず、何十年にもわたって中国全土の領有権を主張してきました。

1990 年代以降、台湾の指導者たちは、中国本土が中国によって統治されていることを実際的に受け入れてきましたが、台湾の憲法は依然として正式に中国全土を主張しています。 台湾はまた、本土から分離された事実上の独立国としての地位をますます高めています。 軍事的対応を引き起こすことを恐れていることもあり、台湾は法的に独立した新しい国家であることを正式に宣言していません。

国際世論

1971 年の国連での移行以来、米国とオーストラリアは、中国を「1 つの中国」の唯一の合法政府として認めてきました。 米国は当初、台湾が中国の一部であることを認めていたが、その後、中国の台湾に対する主権主張を単に「認める」というオーストラリアの立場に従った。

米国、オーストラリア、およびその他のさまざまな州は、州昇格をめぐる紛争が北京と台北の政府によって平和的に解決されることを求めています。 しかし、その立場は、台湾が自国の防衛に使用するための武器の販売を許可する米国の法律と調和するのは難しい.

ほとんどの州は、台湾を独立国家または合法政府として認めていません。 代わりに、彼らは、非公式の外交、貿易および環境協力、またはその他の目的を通じて、独自の国際的な法的地位を持つ団体として、台湾と実際的に対処してきました。 たとえば、パレスチナを承認している国は 139 か国ですが、台湾を国家として承認しているのは 15 か国にすぎません。

中国の一部?

法律上、台湾は州ではありません。 しかし、人口、定義された領土、および独立した効果的な政府を持つことにより、州の法的基準の多くを満たしています。 4 つ目の基準である他国と法的関係を結ぶ能力は、より問題となります。これは、台湾が国家の法的権利を享受することを他のほとんどの国が受け入れていないためです。

台湾に欠けている権利には、完全な外交代表権、多国間条約を締結する能力、国連などの国際機関のメンバーシップが含まれます。 ただし、決定的に、エンティティ自体が州であると主張していない場合、エンティティは州になることはできません。 台湾はそのような主張をしていません。

これは台湾をどこに残すのでしょうか? 法的には、台湾が中国の一部であることを支持する 5 つの要因があります。

  • 40 年以上にわたり、中国と中華民国は台湾が「1 つの中国」の一部であることに同意しており (台湾に対する正当な統治には異議を唱えています)、中華民国の憲法は今でもそう述べています。

  • いかなる外国(日本を含む)も、台湾に対する競合する主張を主張していません。

  • 第二次世界大戦後、連合国と国連は台湾を当時の中国政府に委ねた

  • [1945年以降、国連は(おそらく好都合に)台湾を自決権の対象となる植民地と見なさなかった

  • 西側諸国を含め、台湾が中国の一部であることを明確に否定する国はほとんどなく、ほとんどの国が中国の領土主張に黙認している.

オーストラリアで最も著名な国際弁護士の 1 人で、元国際司法裁判所判事の故ジェームズ クロフォード氏も同様に、台湾は中国の領土であり、統治が争われていると結論付けました。

台湾が 1945 年以来中国の領土であった場合、中国が台湾を統治したことがないことは問題ではありません。 領土に対する国家主権は、特定の政府が特定の時点でその領土を支配する能力とは異なります。 内戦では、反乱軍は国家の主権に影響を与えることなく領土を保持することがよくあります。

反乱鎮圧?

実際、これが中国が台湾を力ずくで奪還する権利があると主張する根拠であり、未完の内戦で武装勢力が保有する中国領土の支配権を回復したいというものである。 政府は通常、国際法の下で、敗北した前政府の残党勢力によるものを含め、その領土内の反乱を鎮圧する権利を持っています。 この観点から、最近の中国の行動は、西側諸国でしばしば描かれるように、侵略とは見なされず、その権利の合法的な行使と見なすことができませんでした。

さらに、台湾が中国の一部である場合、他の国家は内部の問題に干渉する合法的な権利を持っていません。 この見解では、国家ではない台湾は自国領土内の秩序を回復しようとする中国の努力に対して自衛する権利はなく、他の国家は台湾が抵抗するのを支援することで国際法に違反するだろう.

続きを読む: ミシェル・グラッタンの政治: 中国はどこまで行くのか? La Trobe の Nick Bisley 氏は、「リスク選好度」が高まっていると述べています。

この見解に反論するいくつかの有力な議論があります。

  • このような独特の紛争は、力ではなく平和的に解決されなければなりません

  • 台湾のような事実上の国家も、軍事力の使用に関する国際的な禁止の恩恵を受けており、事実上の自衛権を享受している

  • 以下で論じる台湾の自決権の可能性には、軍事弾圧からの自由が含まれる。

これらの議論は、自国の領土に対する中国の主権と相容れないものであり、中国が拒否権を持っている安全保障理事会は、これらの議論を支持していない(他の状況ではそうしているにもかかわらず). しかし、この場合、平和は間違いなく正式な領土権よりも価値があります.

しかし、国際法の下では、単に「民主主義を擁護する」または「自由を擁護する」ために非国家団体を保護する権利は存在しません。 起こりそうな中国の残虐行為に対応するための人道的介入の権利は存在しない。 また、敵対者を封じ込めるため、またはその他の地政学的理由で、外国の領土紛争に干渉する権利は存在しません。

中国の一部ではありませんか?

いくつかの要因は、台湾が中国の一部であることを妨げています。

主権の問題は、戦後の日本統治からの移行で正式に解決されたわけではなく、同盟国の戦略的選好は必ずしも良い法律にはなりません。 国連は、台湾を自決によって脱植民地化する機が熟した日本の植民地とは見なしていませんでした。 オーストロネシアの先住民族や初期の中国人入植者の何百万人もの子孫を含め、人口のほとんどは中華民国とは関係がありませんでした。

より現代的な法的議論は、たとえ台湾が合法的に中国の一部であったとしても、台湾の人々は今や「是正的」自己決定を行使する新たな権利を持っていることを示唆している. この権利は、70 年以上にわたって本土から事実上独立しており、独立して統治されることを望んでおり、独自のアイデンティティを持っています。

この見解では、彼らは、現状維持、中国国内の自治、または完全な独立を含む、中国との何らかの形での融和を自由に選択できますが、中国はこれらすべてを拒否する可能性があります. 進歩的な人権の観点から、これは魅力的な前進です。 しかし、それは歴史的に主に植民地に適用された自己決定の法的に物議を醸す拡張です。 法律は常に公正であるとは限りません。

将来、台湾が独立を宣言した場合、台湾が国家として成功するかどうかは、中国を排除して領土と国民を支配し続け、国際社会に受け入れられるかどうかにかかっています。 コソボは、旧ユーゴスラビアからの分離プロセスを今も進行している実体の例であり、他の国の半数以上がそれを認識しています.

あいまいさのリスク

台湾の現状を維持するために設計された戦略的曖昧性は、最悪の選択肢ではないと言われることがあります (台湾と西側諸国にとっては、中国にとってはそうではありません)。 法的論争を回避することで、台湾人は繁栄し、遅ればせながら 1980 年代以降、民主化することができました。 それは、中国を封じ込めるという西側の戦略的責務を果たしてきました。 そしてそれは、中国の軍事力が相対的に弱かった戦後の長い期間に平和を可能にしてきた。

続きを読む: 独立と民主主義への台湾の困難な道

中国が主張する権利についてより積極的になったことは驚くべきことではありません。 台湾が合法的に中国の一部であるとすれば、西側諸国が不確実な国際法に従って紛争を解決することを避けたいと望んでいること、そして戦略的および法的なあいまいさを維持することを主張していることも驚くべきことではありません.

問題は、(中国で奇跡的な政権交代が起こらない限り)法的論争を無期限に悪化させたままにしておくことはできないということです。 最終的には、法律に基づいて、または公平な交渉によって平和的に解決するか、(おそらく違法な)戦争に訴える必要があります。 どちらの道も、台湾や西側諸国に有利な結果をもたらすとは限りません。

戦略的な曖昧さは、平和のためにもう少し時間を稼ぐかもしれませんが、長期的に平和を危険にさらすリスクもあります.

著者: ベン ソール – シドニー大学シドニー ロー スクール、チャリス国際法学長

.台湾独立の複雑な問題
Source#台湾独立の複雑な問題

Leave a Comment