受賞歴のあるエッセイで盗作で告発された日本の久仁王子

日本の久仁王子は、その作者に与えられた賞のために話題になったエッセイで盗作で告発されました。

日本の家計は翌日、プレスリリースで次のように答えた。 [the Prince’s] 参考文献リストは不十分でした」と、久仁はそのリストを見直して、雑誌で指摘されているものとは別に、さらに情報源を追加する必要があるかどうかを確認しました。

問題のエッセイは小笠原諸島に関するもので、王子が子供の頃に母親の文仁親王妃紀子と一緒にその場所に行った旅の思い出に基づいていました。

エッセイは彼に賞をもたらし、2021年3月の仮想式典で受賞しました。当時通っていたお茶の水女子大学中学校は、北九州の第12回児童ノンフィクション文学賞に参加しました。

王子のエッセイは2位になり、他の97の著作の中から名誉に選ばれました。 北九州市は福岡県の都市であり、毎年賞を授与する責任があります。

ファイリングによると、2月15日、エッセイの特定の部分が「言及されていない情報源に非常によく似ている」という事実について、アジアと日本のトピックを専門とする雑誌である朝日新聞から宮内庁に連絡がありました。 …読み続けてください







受賞歴のあるエッセイで盗作で告発された日本の久仁王子
Source#受賞歴のあるエッセイで盗作で告発された日本の久仁王子

Leave a Comment