原子力規制当局が福島第一の処理水放出計画を承認

日本の原子力規制当局は、不自由な福島第一原子力発電所から処理水を海洋に放出する計画を承認しました。

プラントオペレーターの東京電力は、政府の決定に沿って計画を作成しました。

水曜日の会議で、当局のメンバーは、提出された文書に問題は見当たらないと結論付けました。 彼らのレビューには、処理水を海に放出する前にトリチウムやその他の物質のレベルをチェックする方法が含まれていました。 彼らはまた、周囲や人々への影響についても話し合った。

当局は、運営者に正式な許可を与える前に、約1か月間一般の人々から意見を求めます。

福島第一原子力発電所の原子炉は、2011年3月の地震と津波の災害でメルトダウンしました。

溶融核燃料を冷却するために使用される水は、雨や地下水と混合します。 ほとんどの放射性物質を除去するために処理されますが、ろ過された水にはまだトリチウムが含まれています。

政府は、処理水を国の規制以下のレベルに希釈し、来春頃から放出を開始する予定であり、プラントはタンクに蓄積された処理水をもはや貯蔵できないと述べています。

東京電力は昨年12月に処理水の放出に使用する海底トンネルの建設に着手しました。

また、福島県や受入自治体の承認を得て、処理水を希釈する施設を建設する予定です。 ユーティリティは、すべての作業が来年の4月頃に完了することを望んでいます。

しかし、地元の漁業関係者の間では、この地域の製品の潜在的な評判の低下について懸念が続いています。







原子力規制当局が福島第一の処理水放出計画を承認
Source#原子力規制当局が福島第一の処理水放出計画を承認

Leave a Comment