危機に見舞われたスリランカ、日本に最高債権者との交渉開始を要請

スリランカ大統領は木曜日、同国が過去数十年で最悪の経済危機から抜け出す方法を模索する中、中国とインドを含むインド洋の島々の主要な債権国を二国間債務再編に関する協議に招待するよう日本に要請すると述べた。

ラニル・ウィクラマシンハ大統領はロイター通信のインタビューで、「誰かが電話をかけて、主な債権国を招待する必要がある。日本にそうするように頼む」と述べ、岸田文夫首相に会うために来月東京に行くと付け加えた。

インドの南端に位置する人口 2,200 万人の国、スリランカは、1948 年の英国からの独立以来、最も深刻な金融危機に直面しています。これは、COVID-19 のパンデミックと経済管理の失敗が相まって、深刻な影響をもたらしています。

わずかな外貨準備高が残され、燃料や医薬品などの必需品の輸入が停滞している一般のスリランカ人は、急上昇するインフレと通貨の切り下げの中で、何ヶ月も壊滅的な不足と戦ってきました。

国民の怒りが前例のない大規模な抗議行動を引き起こし、7 月初旬、スリランカの商業首都コロンボにある植民地時代の大統領官邸に何千人もの人々が押し入り、当時のゴタバヤ ラジャパクサ大統領を隠れさせました。

抗議者たちは何日も邸宅を占有し、大統領の寝室で寝ている人もいれば、手入れの行き届いた庭園に囲まれたプールで戯れている人もいました。 …読み続けて


ポリシー ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

危機に見舞われたスリランカ、日本に最高債権者との交渉開始を要請
Source#危機に見舞われたスリランカ日本に最高債権者との交渉開始を要請

Leave a Comment