南京大虐殺を思い出すために東京の住民が集まる

©Xinhua提供

No More Nanjingの代表である田中浩氏は、この協会は、すでに「NoMoreHiroshima」に精通している日本人も南京大虐殺を覚えてくれることを願って設立されたと語った。 「事実に直面することによってのみ、私たちは本当に悲劇から抜け出し、先を考えることができます。」

東京、12月13日(新華)-「3、4千人の中国人が背中の後ろで腕を組んで、南京の北にある石炭港に4列4列で導かれ、そこで2丁の重機関銃で撃たれた。 、「1937年12月17日、アンカレッジにある日本軍第2本部の軍曹である梶谷健郎の日記を読む。

12月13日は、南京大虐殺の84周年であり、南京大虐殺の犠牲者のための8回目の国民記念日です。

在日中国人のリン・ボヤオ氏は、土曜日に東京のYMCAアジア青年センターで虐殺の歴史について講演した。 No More Nanjing運動が主催する会議には、100人近くの日本人が参加しました。

©Xinhua提供

梶谷翼の日記に加えて、林は中島今朝卿と佐々木到一の個人日記も発表した。

「私たちは夜明け前に敵の位置を壊し、川岸に集まった人々と残りの兵士に15,000発の砲弾を発射した」と佐々木は書いた。

川岸に連れてこられた人の数と撮影場所は梶谷の日記に対応しています。 会議では、同じシーンを描写した虐殺の2人の生存者であるChenDeguiとPanKaimingのビデオが取り上げられました。

©Xinhua提供

南京大虐殺の代表である田中浩氏は記者団に対し、「南京大虐殺」に精通している日本人にも南京大虐殺を思い出してもらうことを願って協会が設立されたと語った。 「事実に直面することによってのみ、私たちは本当に悲劇から抜け出し、先を考えることができます」と彼は言いました。

証拠にもかかわらず、一部の日本の政治家はまだ事実を否定しています。 東京公立高校の元歴史教師である河野信夫氏はスピーチの中で、侵略戦争における日本の役割を曖昧にするために日本政府が教科書やカリキュラムを操作したことを批判した。

©Xinhua提供

たとえば、一部の日本の政治家は、南京大虐殺を「南京事件」と呼び、中国に対する侵略戦争を「日中戦争」と呼び、南京大虐殺の死者数を否定し、常に真実を曖昧にしました。 。 。

「政府が詳細を検討するたびに」と河野氏は語った。 「時間が経つにつれて、真実は完全に破壊されます。」

。南京大虐殺を思い出すために東京の住民が集まる

Source#南京大虐殺を思い出すために東京の住民が集まる

Leave a Comment