十九代徳川家康が家督を継ぐ

徳川幕府の創始者である徳川家康の子孫が、今年後半に氏族長を辞任し、息子にその地位を譲ります。

家族に近い情報筋によると、徳川家の第18代当主である82歳の徳川常成は、年齢を理由に辞任することを決めた. 長男の家広さん(57)が引き継ぐ。 現在、徳川記念財団理事長。

1963年に当主となった常成は、17世紀初頭から19世紀後半までの江戸時代に日本を支配した一族にまつわる文化財や資料を保存・展示するため、2003年に財団を設立しました。 …読み続けます


会社ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

十九代徳川家康が家督を継ぐ

Source#十九代徳川家康が家督を継ぐ

Leave a Comment