北海道遊覧船救助準備工事完了

先月北海道沖で沈没した観光船を救助するための準備作業が土曜日に完了し、14人が死亡、12人が行方不明となった。

19トンのカズの飼育は火曜日に行われる予定です。 現在、水面下約120メートルの海底に停泊している船は、4月23日に知床半島で行方不明になりました。

2022年5月19日に京堂ニュースのヘリコプターから撮影された写真は、4月23日に北海道の最北端の本島にある知床半島から沈没した遊覧船の現場での海心のはしけを示しています。右は日本沿岸警備隊です。遊覧船。 (共同通信)

海上保安庁によると、金曜日までの2日間の船内捜索の後、日本サルヴェージのダイバーが船を安全に引き上げることができるかどうかを確認した。

民間企業は沿岸警備隊に雇われ、運輸省と協力してボートを救助する予定です。 全体の費用は約1億4000万円(100万ドル)に設定されています。

悪天候が予想されるため、早ければ火曜日まで次のフェーズは開始されません。 これにより、船は浅瀬に曳航される前に約10〜20メートル持ち上げられます。 その後、クレーンを使用してカズIを持ち上げ、はしけに乗せ、近くの港に輸送します。

沿岸警備隊は、航空機と巡視船でこの地域の捜索を続けています。

沿岸警備隊によると、ロシアが支配し、北海道近郊の日本が領有権を主張している国後島で、行方不明の可能性のある2つの遺体が流されているのが発見された。

沿岸警備隊によると、日本の運転免許証は、当局が27歳のデッキハンドである可能性があると疑う団体の近くで発見された。 5月6日に女性の遺体が発見されました。


関連する報道:

日本は来週北海道遊覧船を救出するつもりはないが、12隻はまだ行方不明


。北海道遊覧船救助準備工事完了
Source#北海道遊覧船救助準備工事完了

Leave a Comment