北海道ヌードルレストランで料理を提供する猫ロボット

北海道小樽市のそば屋で猫のようなロボットが料理を出している。

BellaBotの配達ロボットは、「ご注文の料理が来ました、ニャー」のように日本語で言い、テーブルに料理を配達するときに顔として使用されるタッチパネルにかわいい絵文字があり、レストランが労働力不足に対処するのに役立ちます。

北海道小樽市の波見川店で、従業員がベラボット配送ロボットを披露。

札幌を拠点に​​ハミカワレストランを経営するアニストによると、中国企業プーズーが開発したロボットは、11月に北海道の他の2つのハミカワ店舗に導入された後、12月28日から稼働している。

高さ129cm、直径約57cmのロボットは、スタッフがテーブル番号を入力した後、胴体に4つのトレイを自律的に運ぶことができます。

ロボットはセンサーを使って障害物を避け、「通り抜けさせて、ニャー」と言った。

「従業員の負担を軽減するだけでなく、サービス中の人的接触を減らすことでコロナウイルス対策にも役立っています」と小樽店の松城義明店長は語った。 「何よりも、より多くのお客様の笑顔が見られるのは嬉しいことです。」

多くの顧客はロボットによるサービスを受けることを好み、一部の顧客はビデオを撮っていると彼は語った。

北海道新聞プレス


関連する報道:

日本のスノーボーダーに技術的な優位性を与えることを望んでいるモバイルアプリ開発者

冬の北海道で温泉で育ったマンゴーが海外デビュー

元メジャーリーガーの新庄は5万3000ドルをもたらすと予測された。 ファイターズマネージャーとして


。北海道ヌードルレストランで料理を提供する猫ロボット
Source#北海道ヌードルレストランで料理を提供する猫ロボット

Leave a Comment