北朝鮮はさらにミサイルを発射し、米国の軍事演習を批判している。

ソウル、韓国 – 北朝鮮は木曜日に前例のないペースでミサイル発射を続け、さらに6発のミサイルを海に送り、共同軍事演習を行っているとして米国と韓国を攻撃し続けた。

韓国軍は、北朝鮮が木曜日の夜、東海岸沖の海域に短距離弾道ミサイル3発を発射したと発表した。 その日の早い段階で、北朝鮮は3発のミサイルを発射しました。その中には、日本に緊急避難命令を出した長距離ミサイルと疑われるものも含まれていました。

過去 2 日間で、北朝鮮は 30 発のミサイルを発射しました。

北朝鮮の実験により、韓国は金曜日に終了する予定だった米国との大規模な空中訓練の延長を発表するようになりました。 米国の当局者によると、約240機の飛行機が演習で約1,600回の出撃を行っている。

2022 年 11 月 3 日、東京で北朝鮮が最近日本付近でミサイルを発射したというニュース レポートを映しているテレビ画面を見る人。

北朝鮮の高官は、訓練の延長を批判する夜通しの声明で、ワシントンとソウルが緊張を「制御不能な段階」に導いたと非難した。

北朝鮮の与党労働党の高官であるパク・ジョンチョン氏は声明で、「米国と韓国は、彼らが犯した取り返しのつかない恐ろしい過ちを知るだろう」と述べた。

北朝鮮は、このような訓練を侵略の準備と見なしている。 米国と韓国は、自分たちの主張は正当であり、守勢にあると主張している。

双方が緊張を高めたことで相手を非難しているため、現在の挑発のサイクルがいつ終わるかは不明です。

北朝鮮の発射は、木曜日の早朝、日本北部で特に緊張した状況を生み出した。 宮城県、山形県、新潟県では、住民は屋内に避難するよう警告されました。

2022 年 11 月 3 日、東京で北朝鮮による日本付近での最近のミサイル発射を報じる読売新聞の追加版を配布する男性。 2022 年 11 月 3 日、東京で北朝鮮による日本付近での最近のミサイル発射を報じる読売新聞の追加版を配布する男性。

日本のテレビ放送も、北朝鮮のミサイルが日本の領土の上空を飛んで通過したという緊急警報によって中断された. 当局は後にその主張を撤回し、浜田防衛大臣は、ミサイルが朝鮮半島と日本の間の海上を通過したため、当局はミサイルの追跡を失ったと述べた.

韓国の聯合通信が報じた軍関係者によると、長距離ミサイルは約 760 キロメートル飛行したが、第 2 段から分離した後に失敗した。

国家安全保障会議の声明によると、米国は大陸間弾道ミサイルの発射を「強く非難」し、米国、韓国、日本の安全を確保するために「必要なすべての措置を講じる」ことを約束した。

米国務省はまた、北朝鮮の弾道ミサイル活動を禁止する国連安保理決議の「明らかな違反」として発射を非難した。

国務省のネッド・プライス報道官は声明で、「国際社会とともに、北朝鮮に対し、さらなる挑発を控え、持続的かつ実質的な対話を行うよう求める」と述べた。

北朝鮮は、水曜日の発射のうち 3 回を韓国に向けて発射し、韓国のテレビで警報を発し、沖合の島で空襲のサイレンを鳴らした。

これに対し、韓国軍は水曜日、韓国の「正確に敵を攻撃する能力と準備ができている」ことを示すために、事実上の海上国境の北にある戦闘機が3発のミサイルを発射したと述べた。

2022 年 11 月 3 日、韓国ソウルの大統領府前で、朝鮮半島の平和を要求する集会を行う抗議者たち。 2022 年 11 月 3 日、韓国ソウルの大統領府前で朝鮮半島の平和を要求する集会を行う抗議者たち。

1950 年から 53 年の朝鮮戦争の終結以来、どちらの国も北方限界線を越えてミサイルを発射したことはありません。 水曜日には、両方とも時間差でそれを行いました。

北朝鮮は今年、過去最高の50発以上の弾道ミサイルを発射したが、水曜日の時点で、韓国の領土に向かって発射されたり、空爆の公的な警告をもたらしたりしたものはなかった.

韓国と米国の当局者は、北朝鮮が2006年以来7回目の核実験の準備の最終段階にあると何ヶ月も警告してきた.

北朝鮮には、新しい能力の開発、抑止力の実証、自国民への決意のシグナル伝達など、兵器実験を実施する動機が多数考えられます。 多くのアナリストは、今回の空爆には実証的な要素があると述べています。

北朝鮮は、次の核爆発に向けて国際的な不安にさらされる可能性があり、世界的な関心の高まりが北朝鮮の核保有国としてのしぶしぶ受け入れを早めると信じている」ソウル。 メールで。

「その間、彼らのミサイル実験は軍事能力を高め、政治的目的に役立つ」と彼は言った.

北朝鮮はさらにミサイルを発射し、米国の軍事演習を批判している。

Source#北朝鮮はさらにミサイルを発射し米国の軍事演習を批判している

Leave a Comment