北朝鮮は、COVIDの蔓延の中で269,500件の発熱症例を報告しています

北朝鮮は火曜日に、コロナウイルスの疑いのある症例が急速に広がり続けているため、過去1日間に269,500を超える新たな発熱と6人の死亡を報告した。

日曜日の夕方から月曜日の午後6時までの新たな発熱の件数は、前日に記録された約392,900件から減少しました。 国営の朝鮮中央通信によると、死者の総数は現在56人にのぼる。

北朝鮮当局が土曜日にデータを発表し始めて以来、新たな発熱症例数は初めて減少したが、2600万人の人口の1パーセント以上が毎日の発熱患者数に追加されている。

2022年5月16日、平壌の工場食堂を労働者が消毒する。(京堂)

KCNAによると、最新の数字では、4月下旬以降に合計148万人以上が熱に苦しんでおり、そのうち819,000人以上が回復したとKCNAは国の緊急流行防止本部からのデータを引用して述べた。

北朝鮮は、パンデミックが2年以上前に始まって以来、木曜日に最初のCOVID-19症例を確認しました。

金正恩首相が内閣に十分な支援を提供していないと批判した後、KCNAは火曜日、国軍が首都平壌の薬局に配備され、「24時間サービスシステムの下で医薬品を供給し始めた」と述べた。

国は、何人の人々がコロナウイルスに対して陽性であるとテストしたかについての情報を提供していません。 全国の発熱の原因は特定されていません。

北朝鮮は、北朝鮮の核弾道ミサイルの野心を阻止することを目的とした国際経済制裁の結果として、主に食糧と医薬品の慢性的な不足により、感染症に対して脆弱であると考えられています。

2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生し、2014年に西アフリカでエボラ出血熱が流行したため、外国人は北朝鮮への入国を禁じられました。

北朝鮮は、2021年5月に国連が支援するCOVAX施設を通じて英国のアストラゼネカPlcからワクチンを受け取ることが期待されていましたが、プログラムの指示に従うことに消極的だったため、計画は延期されました。


関連する報道:

北朝鮮のキムは、COVIDの可能性が高いケースが発生するにつれて、医薬品の不足を非難します

北朝鮮は、COVID-19が蔓延するにつれて、さらに296,000件の発熱症例を報告しています


。北朝鮮は、COVIDの蔓延の中で269,500件の発熱症例を報告しています
Source#北朝鮮はCOVIDの蔓延の中で269500件の発熱症例を報告しています

Leave a Comment