北朝鮮は、見かけのICBMを含む、東に少なくとも3発のミサイルを発射します

日本政府は、北朝鮮が木曜日の朝、東に少なくとも3発の弾道ミサイルを発射したと述べ、そのうちの1つは米国本土に到達する可能性のある大陸間弾道ミサイルであった可能性があると付け加えた。

日本政府は当初、北朝鮮のミサイルの1つが本州本島上空を飛行しようとしているというJアラート警告を発したが、後に発表を修正し、発射体は日本海のレーダーから消えたと述べた.

2022 年 11 月 3 日に東京で撮影された写真は、北朝鮮が発射した弾道ミサイルに関する日本政府の J アラート メッセージを示しています。 (経堂)

しかし、政府筋によると、Jアラートは3発のミサイル以外の発射物によって発せられたものであり、一部のアナリストは、ミサイルの一部が空中で爆発したことによって引き起こされた可能性があると述べています。

北朝鮮の最近のミサイル発射は、5年ぶりの大規模な米韓合同航空訓練に対する報復のように見える、と外交問題の専門家は述べた。

韓国軍は、月曜日に開始され、当初は金曜日まで続く予定だった演習を延長すると述べた。

北朝鮮が来週の米国中間選挙に向けて、2017 年 9 月以来となる 7 回目の核実験を実施するのではないかという懸念が高まっている。

日本の岸田文夫首相は、2022 年 11 月 3 日、東京の首相官邸で、北朝鮮のミサイル発射について記者団に語った。 (経堂)

木曜日、日本の岸田文夫首相は、北朝鮮の度重なるミサイル発射を「野蛮で全く容認できない行為」と批判した。 東京は北京の日本大使館を通じて北朝鮮に抗議した。

米国外務省によると、同日遅くに行われた電話会談で、日本、韓国、米国の高官は、北朝鮮の行動を地域に対する「差し迫った脅威」であり、国際社会に対する「重大な挑戦」であると批判した。

一方、米国務省は、北朝鮮による大陸間弾道ミサイルの発射は、核保有国に制裁を課す国連安保理決議に明らかに違反していると非難している。

国防総省は、今回の発射は、北朝鮮の核・ミサイル開発計画が近隣諸国、地域、国際平和にもたらす脅威を示したものだとし、北朝鮮に対し、これ以上の挑発を控え、「持続的かつ実質的な」対話に参加するよう求めた。

日本と韓国の防衛に対する米国のコミットメントは引き続き「妥協しない」と彼は付け加えた。

日本政府は、すべてのミサイルが日本の排他的経済水域の外に落ち、損害は報告されていないと述べた。 最初の警報は、日本の北東部と中部のいくつかの県の住民に屋内にとどまるよう促した.

韓国軍は、午前7時40分頃に平壌の順安地域から長距離弾道ミサイルと思われるものが発射され、続いて午前8時39分頃に平安南道から2発の短距離ミサイルが発射されたと述べた。それらはすべて東に向けて発射されました。

最初のミサイルは火星-17と考えられるICBMで、第2段分離後に失敗したようだ、と韓国の聯合通信は国防筋を引用して報じた。

レーダーから消えた飛翔体について、浜田防衛相は記者団に対し、「消失の原因については引き続き調査中」と述べた。

日本の防衛省によると、最初のミサイルは高度約 2,000 km で約 750 km 飛行し、残りの 2 つのミサイルはそれぞれ約 350 km 飛行し、最大 50 km の高さに達した。

発射は、北朝鮮が約 100 発の砲弾と 20 発以上の短距離弾道ミサイルおよびその他のミサイルを発射した翌日に行われ、そのうちの 1 つは、事実上の海上国境の南側に初めて上陸しました。 .

10月4日、北朝鮮は2017年以来初めて日本列島上空を飛行するミサイルを発射した。

JR東日本によると、1か月に2回のJアラートの警告を受けて、中部日本の新幹線サービスは一時的に停止されました.

2022 年 11 月 3 日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した後、浜田防衛大臣 (中央) が東京の防衛省で記者会見を行った。 (経堂) == 経堂


関連記事:

北朝鮮がミサイルを発射し、初めて海の国境を越えた


北朝鮮は、見かけのICBMを含む、東に少なくとも3発のミサイルを発射します

Source#北朝鮮は見かけのICBMを含む東に少なくとも3発のミサイルを発射します

Leave a Comment