北朝鮮との緊張が高まる中、日米両軍が合同航空訓練を実施

防衛省によると、米国と日本は土曜日、日本の南にある九州の島の北西にある東シナ海の空域で戦闘機を使った合同空中演習を実施した。

自衛隊と米軍による二国間演習は、北朝鮮による度重なる弾道ミサイル発射などの挑発行為の激化を受けて実施されたもので、同盟国同士の緊密な協力関係を示すことを目的としています。 言った。

写真は2022年11月5日、九州北西部の東シナ海上空で合同演習に参加する日米機(写真提供:防衛省合同参謀本部)(共同)

同省によると、演習に参加したのは航空自衛隊のF2戦闘機5機、米国のB1B戦略爆撃機2機、F16戦闘機2機。

日米両軍は10月4日、北朝鮮が本州北部上空を飛行するミサイルを発射した同日、航空訓練を行った。

北朝鮮との緊張が高まる中、日米両軍が合同航空訓練を実施

Source#北朝鮮との緊張が高まる中日米両軍が合同航空訓練を実施

Leave a Comment