北朝鮮が短距離弾道ミサイルを3発発射

北朝鮮は木曜日に短距離弾道ミサイルを3発発射した、と韓国軍は語った。

韓国の統合参謀本部は、北朝鮮が午後6時29分頃に平壌の順安区域から日本海に向けてミサイルを発射したと述べた。

日本の岸信夫防衛相は記者団に対し、北朝鮮がミサイルを3発発射し、通常の弾道で、最大高度約100kmで約350kmを飛行した可能性があると語った。

岸信夫防衛相は、北朝鮮が日本海に向けて短距離弾道ミサイルを3発発射した後、2022年5月12日に東京でマスコミと会談しました。 (共同通信)==共同通信

ミサイルは北朝鮮の東海岸沖と日本の排他的経済水域の外の海に失敗したと考えられており、日本政府は被害の報告を受けていないと岸氏は述べた。 北朝鮮と外交関係のない日本は、北京の大使館を通じて平壌に抗議したと私は付け加えた。

北朝鮮は今年の初めから一連のミサイル実験を行ってきた。 潜水艦発射弾道ミサイルが土曜日に発射された疑いのあるものに続いて、最新の発射は今月第3ラウンドをマークします。

「北朝鮮による一連の行動は、我が国と国際社会の平和と安定を脅かしているので、それは絶対に受け入れられない」と国防相は述べた。

ユン氏は、北朝鮮のミサイルと核の脅威に対処する上で、日米との自国の三国間安全保障協力の重要性を強調した。

舵を取る前に、新しいリーダーは、先制攻撃が脅威に対処するためのオプションのままであると言いました。 彼の前任者である文在寅は、北朝鮮との和解を求めていた。

封鎖国が間もなく核実験を実施する可能性があるとの憶測が高まる中、米国のジョー・バイデン大統領は5月20日から24日まで韓国と日本を訪問する予定であり、2021年1月の就任以来初めてのアジア旅行となる。

ワシントンは先週、北朝鮮が今月早くも、プンゲリ実験場で、2017年以来初めての7回目の核実験を実施する準備ができていると述べた。 日本と韓国もその見解を共有していると述べています。


関連する報道:

5月7日のミサイル発射の疑いについて北朝鮮からのコメントはない

北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイルを発射

北朝鮮は今月核実験を実施する準備ができている可能性があります:米国


。北朝鮮が短距離弾道ミサイルを3発発射
Source#北朝鮮が短距離弾道ミサイルを3発発射

Leave a Comment