北朝鮮がミサイルを発射し、初めて海の国境を越えた

韓国軍によると、北朝鮮は水曜日に短距離弾道ミサイルを含む砲弾の弾幕を発射し、半島が分断されて以来初めて、事実上の海の国境の南側に1発が着陸した. .

韓国の軍事情報筋によると、さまざまな場所から合計 23 発のミサイルが発射されました。これは、北朝鮮が 1 日に発射した記録的な数でした。

韓国軍は、同国の東海岸沖にある韓国の鬱陵島で午前 8 時 55 分頃に空襲警報が鳴ったと述べ、ミサイルが朝鮮戦争後に米国主導の国連軍によって描かれた北方限界線を越えたと付け加えた。

韓国合同参謀本部は、「北朝鮮のミサイルが韓国の領海近くに着陸したのは、(朝鮮半島の)分断以来初めてだ」と述べた。

JCS は、ミサイル発射を「前例のない」「まったく耐えられない」と表現した。

平壌の最新の発射は、米国と韓国が共同の空中演習を行っていたときに行われました。

午前6時51分頃、軍が平安北道地域から西海岸沖に発射された4発の正体不明の発射体を最初に発見した。これは後に短距離弾道ミサイルであることが判明し、さらに3発は江原道元山から発射された. 、国の東海岸沖の午前8時51分頃。

軍によると、短距離弾道ミサイルや地対空ミサイルなど約10発のミサイルも両岸から発射されたことが確認された。

北朝鮮はまた、2018年の二国間軍事協定に違反して、午後1時27分頃にNLLの北にある海上緩衝地帯に向けて約100発の砲弾を発射した、と韓国は述べた。

当時の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との間で南北首脳会談が行われた際に、この協定が調印された。

これに対し、韓国空軍は、午前11時10分から午後12時21分までの間に、海の境界線の北側に向けて3発の空対地ミサイルを発射した.

軍関係者は「(北朝鮮の)ミサイル1発がNLLを通過したが、3発のミサイルを発射して(断固たる態度で対応する)準備と能力を示した」と語った。

その日の後半、午後4時30分から午後5時10分の間に、地対空ミサイルを含むさらに6発の発射体が北朝鮮から東海岸と西海岸の沖で発射されたと軍は述べ、彼の「準備が整っている」と付け加えた。可能性のある将来の挑発に対する姿勢」。

ユン・ソクヨル大統領は、高官との国家安全保障会議を開催し、北朝鮮が挑発に対して「代償を払う」ことを確実にするための強力な行動を命じた.

大統領府は声明の中で、「ユン大統領は、北朝鮮が私たちの社会と韓米同盟を揺るがそうとするいかなる試みもうまくいかないことを明らかにした」と述べた。

東京で、日本の岸田文夫首相は記者団に対し、「北朝鮮は前例のない速度でミサイルを発射しており、これはまったく容認できない」と語った。

2022年11月2日、東京の首相官邸で記者団に語る岸田文夫首相。(共同)

日本政府は、北朝鮮が午後4時頃に弾道ミサイルの可能性がある飛翔体を発射したと述べ、日本海の日本の排他的経済水域の外にすでに落下したと考えられていると付け加えた。

発射物は最大高度 50 キロメートル未満に達し、日本の航空機や船舶への損傷の報告はなかった、と猪野敏郎防衛副大臣は述べた。

防衛省によると、日本は北京の大使館を通じて北朝鮮に抗議した。

最新のリリースを受けて、日本の外務省のアジア・オセアニア問題室の責任者である船越武弘氏は、米国と韓国のカウンターパートとの電話を通じて、同盟国との緊密な協力を再確認した.ガン、抑止力を高め、脅威に対処します。 北朝鮮から

同省によると、高官はまた、朝鮮半島での「緊張の高まりについて深刻な懸念」を共有した.

月曜日、米国と韓国は 5 年ぶりの大規模な共同航空演習を開始しました。 金曜日まで実施されるこの演習には、F-35 ステルス戦闘機を含む約 240 機が参加します。

朝鮮中央当局者によると、北朝鮮はミサイル発射に先立ち、火曜、共同空中演習を批判し、米国と韓国が北朝鮮に対して武力を行使しようとすれば、「歴史上最も恐ろしい代償を払う」だろうと警告した。 . . 通信社。

北朝鮮が近い将来、2017 年 9 月以来となる 7 回目の核実験を実施する可能性があるという憶測が高まっています。

北朝鮮は今年初めから定期的に弾道ミサイルを発射しており、10月初旬には5年ぶりに日本列島上空を飛行した。

北朝鮮は先週金曜日、2発の短距離弾道ミサイルを日本海に向けて発射し、巡航ミサイルを含めると今年で28回目の発射を行った。


関連記事:

北朝鮮が弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射


北朝鮮がミサイルを発射し、初めて海の国境を越えた

Source#北朝鮮がミサイルを発射し初めて海の国境を越えた

Leave a Comment