北朝鮮から誘拐された象徴的な兄弟、横田は、犠牲者の親戚のグループを率いています

数十年前の北朝鮮による日本人拉致事件の象徴的人物である横田めぐみの弟は、土曜日に犠牲者の家族を代表するグループの指揮を引き継ぎ、年配の指導者に取って代わった。

東京で開催された国際シンポジウムで、横田拓也さん(53)は、高齢化に伴い、誘拐された親戚の高齢化が進む中、「拉致問題を解決するために声を上げていきます」と述べた。

グループの事務局長を務めていた横田は、田口八重子の兄である飯塚繁雄(83)の後任となった。 飯塚さんは近年体調が悪く、息子によると現在入院中です。

横田めぐみの弟で、1977年に13歳で北朝鮮に誘拐された横田拓也(表彰台)は、2021年12月11日に東京で開催された日本の誘拐犯に関する国際シンポジウムで講演しました。日本の人質の家族を代表するグループを率いる。 (共同通信)==共同通信

横田氏は、1970年代と1980年代に拉致されたすべての人々の帰還を求めるという彼の目的のために、世界社会と協力し続けることを約束しました。

誘拐問題を担当する松野博一内閣官房長官は、岸田文雄首相の政府が誘拐されたすべての人々を取り戻すために可能な限りのことをするというシンポジウムで繰り返し述べた。

日本の松野官房長官(C)は、北朝鮮に拉致された日本人に関する国際シンポジウムに先立ち、2021年12月11日に東京の北海道教育大学の学生と会談する。 (プール写真)(共同通信)==共同通信

横田さんの姉のめぐみさんは、1977年に13歳で学校を卒業した際に北朝鮮に誘拐され、田口さんは1978年に22歳​​のときに誘拐されました。

飯塚は2007年からグループを率い、横田の父、初代リーダーである茂を引き継いだ。 横田滋は、2007年11月まで10年以上グループ長を務めた後、健康上の理由で辞任した。2020年6月、めぐみに再び会うことなく87歳で亡くなった。

飯塚首相は10月の岸田文雄との会談で、「首相の交代が無数にあるにもかかわらず、誘拐問題が進展しなかったことは残念だ」と述べ、「決して諦めない」と誓った。

平壌は、問題は「今や解決された」と主張している。

横田めぐみの弟で、1977年に13歳で北朝鮮に誘拐された横田拓也は、日本の人質の家族を代表するグループの責任者に任命された後、2021年12月11日に東京でマスコミと会談する。 (共同通信)==共同通信

日本に本国に送還した5人の人質の1人である曽我ひとみさん(62)は声明の中で、彼女の目的が若い指導者によって取り上げられなければならなかったほど長い時間が経過したことに不満を感じていると述べた。

新事務総長に就任した田口氏の息子である飯塚浩一郎氏(44)は、「人命には限界がある。すべての問題が解決するのを待つことはできない」と述べ、政府に早急な行動をとるよう求めた。


関連する報道:

北朝鮮に誘拐された日本人の親戚が岸田首相に問題解決を促す


日本政府は、北朝鮮のエージェントに誘拐された17人の市民を公式にリストし、北朝鮮が他の日本人の失踪に関与したのではないかと疑っている。

小泉純一郎首相が北朝鮮を訪問した後、2002年に曽我を含む17人のうち5人が本国に送還された。 平壌は、めぐみを含む8人が死亡し、他の4人は入国したことがないと主張している。

。北朝鮮から誘拐された象徴的な兄弟、横田は、犠牲者の親戚のグループを率いています

Source#北朝鮮から誘拐された象徴的な兄弟横田は犠牲者の親戚のグループを率いています

Leave a Comment