北京ゲームの「外交ボイコット」はありません

日本の岸田文雄首相は、政府代表団を北京冬季オリンピックに派遣しないという決定を「外交ボイコット」と呼ぶことを拒否した。

岸田文雄は金曜日に記者団に、彼の政府は大会への出席の問題に関して特定の用語を使用することを計画していないと語った。

彼は、中国の人権状況を含むさまざまな要因を包括的に考慮した後、遠ざかることを決定したと述べた。

首相は、日本は、中国が普遍的な価値、すなわち自由、基本的人権の尊重、法の支配を保証することが重要であると考えていると述べた。 彼は、日本はこの立場をいくつかのレベルで中国側に直接伝えていると述べた。

岸田文雄氏は、オリンピックとパラリンピックは世界中の人々に価値をもたらす平和とスポーツの祭典であると固く信じていると語った。 彼は、日本政府の対応について自分で決定する際に、これらすべての要素を考慮したと述べた。

中国外務省のスポークスマン、趙立堅は、北京オリンピックへの日本のアスリート、オリンピック、パラリンピックの関係者の参加を歓迎した。

趙首相はまた、中国は、日本がスポーツを政治化するのではなく、東京と北京のオリンピックを相互に支援するという約束を果たすことを望んでいると述べた。 東京は今年夏季オリンピックを主催しました。

https://www.youtube.com/watch?v=EysyKQGUORA







北京ゲームの「外交ボイコット」はありません

Source#北京ゲームの外交ボイコットはありません

Leave a Comment