北京オリンピック以来の初演で鋭い羽生

日本のフィギュアスケートのアイコンである羽生結弦は、金曜日の北京オリンピック以来初めてパフォーマンスを行い、東京近郊で開催されたファンタジーオンアイスショーでクワッドトウループを成功させて観客を盛り上げました。

この27歳の負傷者は、2月に北京で4位に終わったが、3回連続のオリンピック金メダルの獲得には至らなかった。 当時、彼はアイスショーだけで競争を続けるのか、それともパフォーマンスを続けるのかを明確にしませんでした。

羽生結弦は、2022年5月27日、東京近郊の千葉市の幕張メッセで開催されたファンタジー・オン・アイスのフィギュアスケートショーに出演します。(京堂)==京堂

日本人フィギュアスケート選手の羽生結弦は、2022年5月27日に東京近郊の千葉の幕張メッセで開催されたファンタジーオンアイスショーに出演します。(京堂)==京堂

中国でのフリースケーティングの前日、羽生は右足首を捻挫した。 彼は鎮痛剤を服用しましたが、クワッドアクセルを着陸させることができませんでした。 しかし、彼の試みは主要な国際トーナメントで最初に記録されました。

怪我のため、羽生はフランスのモンペリエで開催された3月の世界選手権に出場できなかった。

今年初の世界タイトルを獲得した女子オリンピック銅メダリストの坂本花織も金曜日にリンクに上がり、日本の首都の東にある千葉県の幕張メッセに出場した。

日本人フィギュアスケート選手の坂本花織が、2022年5月27日に東京近郊の千葉市の幕張メッセで開催されたファンタジーオンアイスショーに出演します。(京堂)==京堂


関連する報道:

フィギュアスケート:羽生結弦が足首の負傷で世界の船を逃す

オリンピック:羽生結弦が北京に別れを告げる、3月の世界は未定

写真:北京オリンピックでのフィギュアスケート展示会ガラ


。北京オリンピック以来の初演で鋭い羽生
Source#北京オリンピック以来の初演で鋭い羽生

Leave a Comment