利上げがなければ、日本の円介入の影響は限定的となる可能性が高い

東京、9月23日(日経) – 24年ぶりの日本初の直接円買い介入により、木曜日、通貨はドルに対して145ドルを超えた低迷から反発しましたが、多くの市場ウォッチャーは、この最後の手段でさえ円に実際の影響を与えるかどうか疑問に思っています。軌道。

日銀が金融政策を変更しないと決定した後、円は政府内閣で暴落しました。 黒田晴彦の記者会見で、いきなりコースを逆転。 現地時間の午後 5 時、円は 1 ドルに対して 145.7 で取引され、誰もが 146 を超える急落を待っていましたが、通貨は突然 1 円以上急騰し、最終的には 141 を超えて上昇しました。

日銀が9月1日に為替レートの「チェック」を行ったとき。 14 日、1 ドルが 144 を超えて下落した後、市場ウォッチャーは 145 が中央銀行の指値線になるだろうと推測しました。 しかし、ほとんどの人は、直接的な介入には多くの制約があるため、その対応はあごを骨抜きにすることに限定されると考えていました。

断絶の最大の問題は、金融政策を緩く維持しながら円を押し上げることに関係しているように見えることだ。 野村證券の後藤裕二郎氏は「日銀の緩和と円買いは矛盾している。

経済支援を優先する日銀は、ハト派的な政策アプローチを堅持しているが、その代償として、政府の介入を強いるほどの円安を許している。 しかし、日銀が利上げによって基本的な状況を変えない限り、東京が通貨を押し上げる能力は限られています。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

利上げがなければ、日本の円介入の影響は限定的となる可能性が高い
Source#利上げがなければ日本の円介入の影響は限定的となる可能性が高い

Leave a Comment