分析:日本では、円安はかつての祝福ではないかもしれません

かつては日本の輸出中心の経済に有利であると見なされていた円安は、家計を傷つけ、政策立案者を混乱させるため、今や痛い場所になっています。

日本のメーカーから海外生産への段階的な移行は、円安が10年前よりも地元の輸出業者にとって恩恵ではなくなったことを意味します。

その変化は、金融政策を担当し、円高に対抗するために介入することが知られている日本の財務省の一部が、現在、通貨安のマイナス面、すなわち、高騰の影響にもっと注意を向けていることを意味します輸入費用。

これらの懸念に焦点を当てると、米国の高金利への期待がドルを下支えし、日本の経済見通しが暗くなったため、ドルは2017年1月以来見られないレベルの115,525円に達した。

市のエコノミスト、村島喜一氏は、「円安は輸入原材料に依存する企業の利益と家計の購買力を圧迫し、輸入価格を押し上げる」と述べた。 「輸入浸透率が上昇しているため、円安の悪影響はこれまで以上に大きくなる可能性がある」と語った。

安倍晋三前首相の2020年までの8年間の「アベノミクス」刺激策の主要な目標の1つは、大幅な金融緩和による円高の逆転でした。岸田文夫首相はこの戦略を継続することが期待されています。

その間、円は対ドルで50%下落しました。 しかし、輸出量はほとんど変わらず、通貨安は海外の日本企業にとっては有益であるものの、必ずしも国の製品を外国のバイヤーにとってより魅力的なものにしたわけではないことを示唆している。







分析:日本では、円安はかつての祝福ではないかもしれません

Source#分析日本では円安はかつての祝福ではないかもしれません

Leave a Comment