共同通信ダイジェスト:2022年7月30日

2022年4月2日にドーハで撮影された写真は、カタールでのワールドカップサッカートーナメントのカウントダウン時計を示しています。 (共同通信)==共同通信

以下は共同通信が選んだ最新のニュースまとめです。

———-

米国、日本が中国、ロシアの脅威の中で開放経済秩序を擁護する

ワシントン発-金曜日の米国と日本の最高の外国および経済当局者は、オープンでルールに基づく国際経済秩序を擁護し、最初の閣僚経済の間に半導体などの主要技術のサプライチェーンの脆弱性に対処するために協力することを誓った「ツープラスツー」ミーティング。

合意は、中国が軍事力だけでなく、インド太平洋における経済的影響力を高め、ロシアのウクライナとの戦争が生み出しているときに、経済安全保障の強化が彼らの全体的な安全保障にとって不可欠であるという2つの緊密な同盟国の間の認識の高まりを強調した食糧とエネルギー供給の懸念。

———-

日本の与党議員が世界平和統一家庭連合の論争を一掃

東京-金曜日の日本の与党の高官は、安倍晋三前首相の暗殺後の統一教会と彼の党員の間の関係についての最近の精査を一掃した。

自民党の意思決定機関である福田達夫総裁は記者会見で、「率直に言って、何が問題なのかよくわからない」と述べた。

———-

弁護士は、安倍晋会が多くの家族を閉じ込めたとして、銃撃に関連した教会を非難している

東京-安倍晋三前首相の殺害の余波で精査されている統一教会は、告発された銃撃者の母親を含む多くの人々を感情的に閉じ込めた、と宗教団体の犠牲者を助けることを約束した弁護士は金曜日に言った。

全国霊感商法ネットワークの3人のグループが記者会見で、正式には世界平和統一家庭連合として知られている教会は、亡霊を含む、生きている親戚と亡くなった親戚の両方の信者に恐怖を植え付けることによって寄付を受け取っていると語った。地獄の。

———-

日本の首相は、若者が原爆の恐怖について学ぶための基金を発表する

岸田文雄首相は来週、広島と長崎への原爆投下を通じて、世界中の若者が原爆について学ぶのを支援する国連基金を創設する計画を発表する予定である、と政府筋は金曜日に述べた。 。

構想された基金は、核兵器のない世界を実現するための岸田のより広範な計画の一部である、と情報筋は言った。 それは、彼が核不拡散条約を検討するために国連会議に出席する月曜日に行う予定のスピーチに含まれ、そうする最初の日本の指導者になります。

———-

パンデミックの中で日本の平均余命は10年ぶりに低下

東京発-日本の女性と男性の平均寿命は、2021年に10年ぶりに減少しました。国がCOVID-19のパンデミックと戦ったため、保健省のデータは金曜日を示しました。

データによると、女性の平均寿命は87。57年で、前年比0。14年減少しましたが、男性の平均寿命は0。09年短縮して81。47年になりました。

———-

日本の首相は、記録的なCOVID-19の症例にもかかわらず、制限は不要であると述べています

東京発-岸田文雄首相は金曜日、伝染性の高いBA.5オミクロン亜変異体による最近の記録的な感染にもかかわらず、政府は人々の動きにCOVID-19制限を課す計画はまだないと述べた。

岸田文雄氏は共同通信と広島を拠点とする中国新聞へのインタビューで、「私たちは、社会的および経済的活動を前進させるために、私たちが実施しているシステムを完全に運用する」と述べた。

———-

中国、ロシアは世界の食料、エネルギー安全保障に関する協力に合意

中国外務省によると、中国の王毅外相とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ウズベキスタンで会った世界の食料とエネルギーの安全を確保する上で、両国が共同で課題に取り組むことに合意した。

上海協力機構の外相会談の傍らで行われたタシケントでの会合で、王氏は、両国が「公正かつ合理的な方向での国際秩序の発展」を促進するための戦略的コミュニケーションを強化したと述べた。

———-

インドネシア人が日本都市で攻撃の疑いのある2匹目のサルを捕まえる

山口、日本-住民が攻撃的なサルから攻撃を受けている西日本の都市は金曜日にインドネシア人男性が暴れ回っている軍隊からであると思われる2番目の霊長類を捕らえたと言いました。

技術インターンシップで山口の会社に勤めているガブリエル・マウさんが、すでに倒されているサルを捕まえたという。


。共同通信ダイジェスト:2022年7月30日
Source#共同通信ダイジェスト2022年7月30日

Leave a Comment