共同通信ダイジェスト:2022年6月7日

2022年6月6日、東京地方で雨季が始まると、日本のアイリスの花が東京の庭で満開になります。 (共同通信)==共同通信

以下は共同通信が選んだ最新のニュースまとめです。

———-

日本は外国人観光客にマスクを着用して保険に加入するように頼む

東京発-政府は火曜日、日本が今週後半に段階的に訪問者の受け入れを再開するため、外国人観光客にフェイスマスクを着用し、COVID-19に感染した場合の医療費をカバーする保険に加入するよう求めると発表した。

観光省は、金曜日に観光目的での到着の受け入れが再開される前に、旅行代理店とホテルのガイドラインをまとめました。 入場は当初、米国、英国、中国、韓国、インドネシア、タイなど、感染のリスクが最も低い98の国と地域からのガイド付きツアーに制限されます。

———-

金利差で円が対ドルで20年ぶりの安値に転落

東京-円は一夜にして弱さを維持し、東京で火曜日の朝に米ドルに対して132の上位ゾーンで下落し続け、日米間の金利格差が拡大するとの憶測で20年ぶりの安値で取引された。

米連邦準備制度理事会が積極的な金融引き締めを継続することが期待される中、日本通貨は東京貿易で対ドルで約132.70まで下落し、2002年4月以来の最低水準となった。

———-

ウクライナの不確実性の中で高エネルギー価格が続く可能性がある:ホワイトペーパー

東京発-ロシアのウクライナ侵攻により世界のエネルギー供給に対する不確実性が高まっていることから、火曜日に発表された日本の年次エネルギー報告書によると、エネルギー価格はしばらく高止まりする可能性がある。

エネルギーに関する最新のホワイトペーパーはまた、東京がモスクワに多くの制裁を課したにもかかわらず、日本がロシア極東のサハリン島で石油とガスのプロジェクトへの関心を維持する必要性を強調しました。エネルギーの乏しい国へのエネルギー供給をリーズナブルなコストで。

———-

日本は人材への投資を増やし、脱炭素化

東京-日本の内閣は、成長を促進するために人材や脱炭素化などの分野への積極的な投資を約束する火曜日の年次財政経済政策ガイドライン草案を承認する予定です。

ガイドラインには、岸田文雄首相が提唱する「新しい資本主義」の一環として、富の成長と分配の前向きなサイクルを確立するための重要な政策が含まれています。

———-

元ソニー最高経営責任者出井伸之が84歳で死去

東京発-ソニーグループは火曜日、日本の巨人のデジタルネットワーク事業への進出を主導した元会長兼最高経営責任者の出井伸之氏が肝不全で死亡したと語った。 彼は84歳でした。

ソニーは、デジタル・コミュニケーション分野でのプレゼンスを高めるとともに、映画、音楽、ゲーム機などのエンターテインメント事業にも注力し、現在の事業の基盤を築いています。

———-

米国は北朝鮮の核実験の場合に取られるべき迅速な対応を言います

ソウル-米国とその同盟国は、北朝鮮が核実験を実施する場合、北朝鮮に対して「迅速かつ強力な対応」を実施すると、米国の上級外交官は火曜日に述べた。

ウェンディ・シャーマン米国務副長官からの警告は、2017年以来の北朝鮮の最初の核実験に対するワシントンの支持として来た。

———-

日本の4月の家計支出は食料価格の上昇により1.7%下落

東京発-日本の家計支出は4月に2ヶ月連続で前年比1.7%減少し、政府のデータは火曜日に消費者信頼感を損なう食品とエネルギー価格の上昇に見舞われたことを示した。

総務省によると、2人以上の世帯の平均支出額は304,510円(2,300ドル)でした。 3月には2.3%下落した。

———-

日本は制裁リストにロシアの銀行2行とベラルーシの銀行1行を追加

東京発-日本政府は火曜日、ロシアのウクライナ侵攻に対する制裁リストにロシアの銀行2つとベラルーシの銀行1つを追加すると発表した。

モスクワ信用銀行、ロシア農業銀行、ベラルーシ開発復興銀行の資産は凍結され、7月7日より、政府の事前承認が必要になります。


。共同通信ダイジェスト:2022年6月7日
Source#共同通信ダイジェスト2022年6月7日

Leave a Comment