共同通信ダイジェスト:2022年5月8日

2022年5月5日に撮影された写真は、ロシアの前進を阻止するためにウクライナ軍によって地元のダムが破壊されたため、ウクライナのキーウ郊外にある水没した道路を示しています。 (kyodo)== kyodo

以下は共同通信が選んだ最新のニュースまとめです。

———-

土曜日のミサイル発射の疑いについて北朝鮮からのコメントはない

北京発-北朝鮮のメディアは、潜水艦発射弾道ミサイルの発射の疑いについて、日曜日に言及しなかった。国が近い将来に核実験を実施するかもしれないという憶測が高まっている。

北朝鮮はまた、韓国と日本が水曜日に核武装国が弾道ミサイルを発射したと言って以来、武器テストについてコメントしていません。 北朝鮮の国営メディアは通常、兵器実験が実施された翌日に報道している。

———-

香港の元第2位のジョン・リーがリーダーシップレースで優勝

香港-香港政府の前2位のジョン・リーは、日曜日の無投票当選で市の次期最高経営責任者に選ばれ、警察の地位を超えた後、最初にトップの仕事を確保した人物になりました。

選挙管理官によると、リーは唯一の候補者として、主に親北京のメンバーで構成される1,461人の選挙委員会から1,416票を獲得した。

———-

沖縄は、50周年を迎える前に基地移転計画を中止するよう要請する。

日本の那覇市-沖縄県は、復帰50周年を前に土曜日に発表された「平和で繁栄した」未来を創造するための新しい提案で、日本の南部県内に米国空軍基地を移転する計画を破棄するよう中央政府に求めた今月下旬に日本へ。

沖縄は日本に米軍施設の大部分を収容しており、米軍兵士や基地職員を巻き込んだ犯罪や事故が相次ぎ、住民を怒らせているため、提案は日米地位協定の抜本的な見直しも要求している。 彼らは、彼らが犯罪に関与している場合、合意を米国の軍人と民間の基地労働者を過度に保護していると見なしている。

———-

政府は沈没した北海道船の運航者の免許を取り消すことを検討していない

札幌-日本の運輸省は、2週間前に北海道から沈没した遊覧船の運航者の免許を取り消すことを検討しており、14人が死亡、12人が行方不明になっている、と同省筋は土曜日に述べた。交通法。

シャリを拠点とするボートオペレーターのシレトコ・ユランセン社長の葛田誠一氏は、ボートの免許を持っておらず、同社のオペレーションマネージャーを務めていたが、少なくとも3年のオペレーション経験があると主張する書類を提出した。

———-

日本がアイヌ文化複合施設で観光を後押しする:政府のスポークスマン

東京発-日本政府は、アイヌ先住民に捧げられた北海道の主要な文化施設へのインバウンド観光を促進すると、松野博一官房長官は日曜日に述べた。

政府のアイヌ政策推進本部を率いる松野氏は、10月に政府の最高報道官に就任して以来初めての旅行である、本島北部の白老町にあるウポポイ複合施設を訪れた。 北海道知事とも会談。 鈴木直道とアイヌ文化を守る地元の人々。

———-

10%が退院後1年でCOVID-19後遺症に苦しむ:調査

東京発-コロナウイルスの症状で入院した人の約10%が退院後1年も後遺症に苦しんでいると保健省の研究グループがまとめた最近の調査によると。

調査によると、最も一般的な長引く症状は、7.4%で筋力の低下であり、続いて4.4%で呼吸困難、3.5%で無気力でした。

———-

日本、フィジーは中国の影響力に対する懸念の中で関係を強化することを確認した

東京発-日本とフィジーは土曜日、中国とソロモン諸島の間の最近の安全保障協定について懸念を共有し、太平洋地域の平和と安定のために緊密に協力し続けることを確認した、と日本政府は述べた。

日本の林芳正外相と外相を兼務するバイニマラマ首相は、フィジアの首都スバでの会合で、中国の軍事的・経済的影響力が高まる中、「自由で開かれたインド太平洋」を実現するという目標を確認した。地域。

———-

岸田文雄首相が6月の国際安全保障フォーラムに出席

東京-岸田文雄首相は来月シンガポールで開催される主要な国際安全保障フォーラムに出席する予定である、と日本政府筋は土曜日に語った。

実現すれば、6月10日から12日までの年次総会への日本の首相の出席は、彼の前任者である安倍晋三がシャングリ・ラ対話として知られるアジア安全保障サミットに参加した2014年以来初めてです。

。共同通信ダイジェスト:2022年5月8日
Source#共同通信ダイジェスト2022年5月8日

Leave a Comment