共同通信ダイジェスト:2022年5月20日

ウクライナ東部のハルキウ地域では、ロシアがロシアに侵攻する中、2022年5月18日にロシアとの国境近くで黒煙が発生します。 (kyodo)== kyodo

以下は共同通信が選んだ最新のニュースまとめです。

———-

日本は1日2万人の国際線到着でCOVID国境管理を容易にする

東京発-日本は、コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされた国境管理を緩和し続けるため、来月から海外からの到着の上限を2倍にして1日あたり2万人にする、と政府の最高報道官は金曜日に述べた。

政府はまた、感染状況に応じて国と地域を3つのグループに分けて、日本に到着する人々のCOVID-19検査と検疫規則を緩和します。

———-

戦争に対する制裁でロシアへの圧力を強めることに同意するG7

ドイツのボン-主要先進国7カ国のグループの財務責任者は、金曜日の2日間の会議の締めくくりとして、ウクライナへの侵攻をめぐるロシアへの制裁圧力を強化することに同意することが期待されています。

グループの財務大臣と中央銀行家はまた、ドイツのボン市近くのケーニッヒスヴィンターでの話し合いの後、ウクライナにさらなる財政支援を提供するという誓約をコミュニケに含める予定です。

———-

中国は「ゼロコロナ」政策の中でベンチマーク住宅ローン金利を引き下げる

北京-中国の中央銀行は金曜日に住宅ローンのベンチマーク貸出金利を引き下げました。これは、共産党主導の政府の急進的な「ゼロコロナ」政策が住宅および不動産セクターを圧迫しているため、今年で2回目の引き下げです。

中国人民銀行は、5年間のローンプライムレートを0.15パーセントポイント下げて4.45パーセントにしたが、1年間のローンプライムレート(国の実効ベンチマーク貸付レート)は3.70パーセントのままであったと述べた。

———-

日本の岸田文雄、フィリピンの次のリーダー、マルコスは関係を強化することを誓う

東京-岸田文雄首相とフィリピン大統領エレクトのフェルディナンド・マルコス・ジュニアは金曜日、インド太平洋の平和と繁栄に向けた二国間関係を強化するために協力することに合意した。

外務省はまた、15分間の電話会談後に発表されたプレスリリースで、2人はできるだけ早く直接会うことを確認したと述べた。

———-

台湾のツァイは、COVID-19の症例が発生したため、3年目の就任を開始します

台北-台湾の蔡英文大統領は、2020年の再選以来、金曜日の控えめな活動で就任2周年を迎えました。島は、COVID-19感染の急増に直面しているためです。

ツァイは台湾北西部の桃園にあるコミュニティ活動センターを訪れ、先月から事件が急増しているCOVID-19のオミクロン変異体の蔓延に地方自治体がどのように対処しているかを調べました。

———-

日産、三菱自動車が日本で電気軽自動車を発売

日産自動車は金曜日、三菱自動車と共同開発した新型電気自動車を発売すると発表した。両社は、人気のある軽量車の国内市場でのシェア拡大を目指している。

日産とそのパートナーである三菱自動車は、それぞれのブランド名で販売される新しいEVを共同開発し、生産コストを削減し、消費者に税制上の優遇措置を提供する軽自動車のラインナップをより手頃な価格で追加しました。

———-

COVID-19が蔓延する中、北朝鮮の発熱症例は200万人を超える

北京発-北朝鮮は金曜日に263,000件以上の新たな発熱症例を報告し、2500万人の国で新しいコロナウイルスが蔓延する中、過去3週間で合計224万人以上に達した。

国営の朝鮮中央通信によると、木曜日の午後6時までの24時間でさらに2人の死亡が報告され、4月下旬以降の累積死亡者数は65人である。

———-

ダイバーは北海道の沈没船内で捜索を終了し、行方不明の兆候はない

海上保安庁によると、海上保安庁によると、深海のダイバーは、北海道沖で沈没した観光船の中で2日間の捜索を終え、4月下旬の事故後にまだ行方不明になっている12人の痕跡は見つかりませんでした。

運輸省は、現在、水面下約120メートルの海底にある19トンのカズIを救済するために、早ければ土曜日に作業を開始することを計画していると当局者は述べた。

。共同通信ダイジェスト:2022年5月20日
Source#共同通信ダイジェスト2022年5月20日

Leave a Comment