共同通信ダイジェスト:2022年5月14日

日本の林芳正外相(左)とドイツのアンナレーナ・ベアボック外相は、2022年5月13日にドイツのヴァイセンハウスで会談しました。 (写真提供:外務省)(京堂)

以下は共同通信が選んだ最新のニュースまとめです。

———-

50周年を前に沖縄で平和行進が行われました。 日本への帰国

日本の那覇市-沖縄本島の日本への帰国50周年の前日、南島県で土曜日に米軍の受け入れによる沖縄の負担を軽減することを求める平和行進が行われた。

岸田文雄首相は昨年10月の就任以来初めて、記念日を記念して沖縄を訪れました。

———-

米国、ASEANの指導者たちは、中国の台頭の中で今年、関係を強化することを誓う

ワシントン発-米国と東南アジア諸国連合の首脳は金曜日、中国の影響力が高まる中、今年後半に「包括的な戦略的パートナーシップ」への関係を強化すると宣言した。

中国は米国に先駆けて10名のグループとの関係を同様の地位にアップグレードしており、最新の動向は、急成長している東南アジア地域での影響力をめぐる北京とワシントン間の競争の激化を反映しています。

———-

金正恩は北朝鮮がCOVID-19による激動に直面していると言います

北京-北朝鮮の指導者、金正恩は、新しいコロナウイルスの蔓延は、それが設立されて以来、国が直面している最大の混乱であると述べた、と国営メディアは土曜日に報じた。

朝鮮中央通信は、金曜日にさらに21人が死亡し、約174,400人が熱の症状を示したと述べた。これはおそらくウイルスが原因である。

———-

1月〜3月の日本企業の純利益はコスト上昇で41.3%下落

東京発-最近のウクライナ危機による原材料費の高騰を反映して、日本の上場企業の純利益は前四半期から41.3%減の4.94兆円(383.4億ドル)となった。証券会社による集計。

木曜日に記録的な純損失を報告した投資大手のソフトバンクグループを除いても、第1四半期の合計純利益は16.0%減少した、SMBC日興証券のデータを示しています。

———-

EU評議会長は広島でのロシアの核の脅威を非難する

広島発-欧州理事会のシャルル・ミシェル議長は、ウクライナへの侵攻後、核兵器を使用すると脅迫したとして、ロシアを非難した。

第二次世界大戦の終わりに1945年の米国の原爆投下によって荒廃した2つの日本の都市の1つで、ミシェルは広島平和記念資料館を訪れた後、核兵器を廃絶するという「強い決意にとらわれた」と感じていると述べた。

———-

日本は2021年に74人の難民を受け入れました。

東京発-日本は2021年に亡命を求める74人に難民認定を与えた。1982年に難民認定を開始して以来の最高水準である、と入国管理局は金曜日に述べた。

その数は2020年の27人から急増しましたが、一部の国では年間10,000人以上の難民を受け入れている西部よりも大幅に少ないままです。

———-

日本、ウクライナのトップ外交官はロシアに強い制裁を続けることに同意する

ドイツのヴァイセンハウス発-日本とウクライナの外相は金曜日、国際社会がウクライナへの侵攻をめぐってロシアに対する強力な制裁を維持するために団結し続けるべきであることに合意した。

林芳正外相は、ドイツ北部のヴァイセンハウスでウクライナのドミトロ・クレーバ首相と会談した際、ロシアは「残虐行為について責任を問われる」必要があると述べ、その行動を「容認できない」と述べた。

———-

北朝鮮は核実験の準備ができているようだ:韓国大統領府

ソウル-北朝鮮は7回目の核実験の準備ができているようだ、と韓国の大統領府の当局者は金曜日に言った。

北朝鮮は木曜日の短距離弾道ミサイル3発の発射を含め、1月以来15回ミサイル発射を行ったが、北朝鮮はそのような実験を行う前に、いくつかの種類のミサイルをさらに発射するかもしれないと当局者は付け加えた。

。共同通信ダイジェスト:2022年5月14日
Source#共同通信ダイジェスト2022年5月14日

Leave a Comment