共同通信ダイジェスト:2022年2月24日

ウクライナの人々は、2022年2月23日に東京のロシア大使館の近くで抗議集会を開催します。これは、モスクワがウクライナ東部の2つの親ロシア分離主義地域を承認し、そこに軍隊を配備する命令を受けた後です。 (共同通信)==共同通信

以下は共同通信が選んだ最新のニュースまとめです。

———-

ロシアは、ウクライナ危機の中で米国の制裁に「強力な」対応を誓う

モスクワ/ワシントン-ロシアは水曜日、ウクライナ東部の2つの分離主義地域の独立を認め、そこに軍隊の配備を命じたとしてモスクワに課せられた米国の制裁に対して「強力な」対応を提供すると述べた。

ウクライナ危機は深刻化しており、米国は欧州連合、日本、オーストラリアなどと歩調を合わせており、旧ソビエト共和国への大規模な侵略からモスクワを阻止する取り組みの一環として、ロシアに制裁を課しています。

———-

WTOは6月に4年以上ぶりの閣僚会議を開催する

ジュネーブ-水曜日の世界貿易機関は、コロナウイルスのパンデミックのために集会を2回延期することを余儀なくされた後、6月中旬に4年以上ぶりに閣僚会議を開くことを決定しました。

WTOは、スイスでのCOVID-19の渡航禁止令と検疫要件が緩和されたため、最高の意思決定機関として機能する会議が6月13日から始まる週にジュネーブで開催されると述べた。

———-

ウクライナ危機の中でロシアに制裁を課す日本:岸田首相

東京-岸田文雄首相は、モスクワが正式に地域を承認し、そこに軍隊の配備を命じた後、日本はロシアとウクライナ東部の2つの親ロシア分離主義地域に対して一連の経済制裁を実施すると発表した。

政府は両地域の当局者へのビザ発給を一時停止し、資産を凍結する。 岸田文雄氏によると、自称ドネツク共和国とルハンシク共和国への輸出入、および日本での新しいロシア国債の発行と取引を禁止する。

———-

中国は勤務中に日本の外交官を一時的に拘留している

東京/北京-北京の日本人外交官は、今週初めに勤務中に一時的に拘留され、中国は水曜日、当局者が不適切な活動を行っていたため、その行動は正当化されたと主張した。

日本の林芳正外相は火曜日の夜、政府が外交ルートを通じて中国に抗議を提出したと記者団に語った。

———-

岸田首相がウクライナ危機の中で米国特使との広島旅行を断念

東京発-岸田文雄首相は、ウクライナの危機に焦点を当てる必要があるため、今週末の広島への旅行で駐日米国大使ラーム・エマニュエルに同行しない、と政府筋は水曜日に述べた。

エマニュエル氏は2月4日の岸田文雄との会談で、1945年の米国西部の爆撃で苦しんだ人々に祈りと花を捧げるために、早い時期に広島を訪れたいと述べた。

———-

火山性地震の増加により、日本の御嶽山の警戒レベルが上昇

日本の長野県-日本の気象庁は水曜日に、火山性地震が増加しているので、火口に近づくことに対して警告し、国の中央部にある御嶽山の警戒レベルを上げました。

長野県と岐阜県にまたがる3,067メートルの火山に対するレベル2の警報は、2017年8月21日以来初めてであり、気象庁は、山の火口から1キロメートルの地域の周りに岩が飛ぶ可能性について警告しています。サミット。

———-

香港はRCEP貿易協定への参加を申請します

香港-香港は、日本や韓国などの国々が関与するメガトレード協定である、15人のメンバーからなる地域包括的経済連携協定への参加申請を提出した、と政府は水曜日に述べた。

地元メディアの報道によると、この動きは、政府がまだ自由貿易協定を結んでいない日本と韓国との香港の自由貿易を拡大するだろうと、貿易産業省を引用している。

———-

上場日本企業からの個人情報漏えいは2021年に過去最高を記録

東京発-企業調査機関によると、日本の証券取引所に上場している企業とその子会社からの個人情報漏えい件数は、2021年に前年比30%増の137件となった。

東京商工リサーチは、データ侵害の50%以上または68%がマルウェアまたは不正アクセスによって引き起こされたと報告書で述べています。 サイバー攻撃の数は3年連続で増加したとのことです。

。共同通信ダイジェスト:2022年2月24日
Source#共同通信ダイジェスト2022年2月24日

Leave a Comment