共同通信ダイジェスト:2021年12月6日

以下は共同通信から選ばれた最新のニュース要約のリストです。

———-

日本がCOVIDブースター注射を「可能な限り」発表する

東京発-日本は、オミクロン・コロナウイルス変異体の蔓延が懸念される中、COVID-19ワクチンの2回目と3回目の注射の現在の8ヶ月間隔を「可能な限り」短縮する、と政府高官は日曜日に述べた。

フジテレビの番組で、木原誠二内閣次官は、政府が地方自治体と協力して、Moderna IncのCOVID-19ワクチンを使用して、間隔を少なくとも6か月に短縮するよう取り組んでいると述べました。承認待ち。 ブースターとして使用します。

———-

ミャンマー軍の車両が抗議者に衝突、5人が死亡:報告

バンコク-オンラインメディアのMyanmarNowによると、ミャンマーの軍用車両が日曜日の朝、ヤンゴンの最大の都市で反軍事勢力の抗議者を襲い、5人を殺害した。

午前9時ごろ、キミンダインタウンシップで街頭行進が始まった直後、車両は後ろから急いで参加者に衝突した、と理事会が禁止された報道機関が報じた。

———-

日本は米軍を受け入れるためのより多くの費用を負担するでしょう

東京発-日本は、両国が11月下旬から今月初めにかけてワシントンで労働レベルの交渉を行った後、2022会計年度から、米国からの軍事力の収容のための追加支払いの要請を受け入れることを決定した。日曜日。

岸田文雄首相の内閣が今月下旬に始まる会計年度の予算案を決定する前に、日本は米国との増加について合意に達すると予想されている。

———-

愛子内親王は公式の成人式を通過します

東京-今上天皇皇帝と皇后雅子の一人娘である愛子内親王は、日曜日に公式の儀式を行い、皇居で宝冠章のグランド・クロスを受け取って、彼女の年齢の到来を記念しました。

先週の水曜日に20歳になったときに皇族の成人になった王女も、その日早くに家族の祖先と日本の神々を奉献する神社を訪れ、祈りを捧げました。

———-

日本は留学生が免税品を購入することをもはや許可しません

東京発-日本政府と与党は、留学生やその他の長期居住者が転売の疑いや面倒な適格性チェックの苦情に応じて非課税で購入できるシステムを廃止することを決定した、と情報筋は日曜日に知っている。予定。 。

2022年度の税制改正の一環として改正される現行制度では、日本に長期滞在し、アルバイトをしていない留学生は、入国後6ヶ月以内に免税で購入することができます。国。

———-

物議を醸す東京アートイベントの主催者への脅迫で逮捕された男

東京発-戦時中、日本軍慰安所で働いていた「慰安婦」を象徴する銅像を提示する東京の美術展の主催者を脅迫したとして、47歳の男性が日曜日に逮捕されたが、キャンセルされた。抗議のため、警察は言った。 言った。

兵庫県尼崎市在住の宇根本隆弘容疑者は、6月19日から7月14日までの間に携帯電話から「表現の自由の露出」の主催者の一人に脅迫メールを5回送った疑いがある。警察によると。


。共同通信ダイジェスト:2021年12月6日

Source#共同通信ダイジェスト2021年12月6日

Leave a Comment