共同通信ダイジェスト:2021年12月5日

以下は共同通信から選ばれた最新のニュース要約のリストです。

———-

沖縄開発のための日本の政府予算は10年で最小になるでしょう

東京発-日本政府は、2022年度に10年ぶりに沖縄の経済発展に3000億円(27億ドル)未満を割り当てることを決定したと、この問題に詳しい当局者は土曜日に述べた。軍事基地が激化する。 その中で。

政府が述べた理由は、来年の米国支配50周年を迎える南島県ではすでにインフラ整備が進んでいるため、沖縄の公共事業への支出を減らすことができるからだ。

———-

日本はより厳しい検疫規則をインド、ギリシャ、ルーマニアに拡大

東京-インド、ギリシャ、ルーマニア、および米国の4つの州が日曜日に日本の場所のリストに追加され、帰国した日本人と外国人居住者は、予防努力の一環など、より厳しい検疫要件の対象となります。オミクロンの広がり。 コロナウイルスの亜種。

コロラド、ハワイ、ミネソタ、ニューヨークの3か国からの旅行者は、2週間の検疫期間のうち3日間を政府指定の施設で過ごす必要があります。

———-

インドネシアの東ジャワの火山噴火で1人が死亡、40人以上が負傷

ジャカルタ-インドネシアの東ジャワ州の火山が土曜日の午後に噴火し、近隣の町や都市の住民が避難を余儀なくされたとき、少なくとも1人が死亡し、40人以上が負傷したと当局は述べた。

噴火は、午後3時20分頃、州のルマジャン県のスメル山で発生したと、火山学および地質災害軽減センターは述べています。

———-

日本の与党PLDは3月13日に党大会を開催する予定です

東京-日本の主要な与党自民党は、3月13日に東京のホテルで年次総会を開催する予定である、と自民党筋は土曜日に言った。

党の大会スケジュールは金曜日の総評議会の会議で決定される予定であると情報筋は述べ、毎年恒例のイベントの規模はオミクロン変異体の出現後のコロナウイルスのパンデミックの状況に応じて決定されると付け加えた。 。

———-

サッカー:セルティックが前田、井手口、旗手のスターを獲得することに賭けた

東京発-スコティッシュ・プレミアリーグの巨人セルティックは、日本の前田大然と、ミッドフィールダーの井手口陽介と旗手怜佑を買収しようとしている。

前田(24)が演じる横浜F・マリノスと井手口のクラブ(25)のガンバ大阪は、外国でのプレーに戻りたいという選手の希望を尊重して、移籍について話し合うことにオープンであると言われています。

———-

ワールドカップのCEOは、満員のスタジアムで東京からの教訓を活用したいと考えています。

ドーハ-カタールで開催された2022年ワールドカップのエグゼクティブディレクターであるナセルアルハター氏は、COVID-19に対する自国の準備と、今年の夏の東京オリンピックから学んだ教訓により、メインイベントのサッカーがフルスタジアムで行われるようになると予想していると語った。

Al-Khaterは、75 km離れた8つのスタジアムすべてで開催される来年のコンパクトなトーナメントがファンを歓迎し、観客がほとんどいない東京オリンピックの繰り返しを回避できることを期待しています。

。共同通信ダイジェスト:2021年12月5日

Source#共同通信ダイジェスト2021年12月5日

Leave a Comment