共同通信ダイジェスト:2021年12月4日

以下は共同通信から選ばれた最新のニュース要約のリストです。

2021年12月3日、和歌山県白浜市のアドベンチャーワールド動物園・水族館・遊園地で赤ちゃんチーターが撮影されました。(京堂)==京堂

———-

中国における米国とEUの立場は「ますます収束」している:上級外交官

ワシントン発-米国と欧州連合は、インド太平洋地域での中国の主張の高まりに対抗するためにますます同じページにいると、ウェンディ・シャーマン国務次官は金曜日に彼と話した後、EU外交サービスの事務局長が言った。

シャーマン氏は、ワシントンのシンクタンクが主催するオンラインイベントで、中国の正式名称の頭字語に言及し、「私たちのアプローチと中華人民共和国に対するEUのアプローチは、補完的で、ますます収束し、整合していると考えています」と述べた。中国。

———-

米国は日本と中国を外国為替慣行の「監視リスト」に載せています

ワシントン-財務省は金曜日に、日本と中国は潜在的に「不公正な」金融慣行を監視している国のリストに残っているが、主要な米国の貿易相手国を操作的であるとラベル付けすることを差し控えたと述べた。

通貨操作に関する議会への半年ごとの報告書で、同省はまた、通貨介入データの開示の欠如とその通貨の主要な特徴に関する透明性の広範な欠如を理由に、中国を主要経済国の「外れ値」と呼んだ。為替レートメカニズム。

———-

「残念な」事件の後に飛んでいるアメリカの戦闘機:日本の岸

東京発-岸信夫防衛相は金曜日、米国のロイド・オースティンが、先に北東日本で同種の飛行機を巻き込んだ事件を受けて、F-16戦闘機の運用を予告なしに再開したことに対して「遺憾の意」を表明したと述べた。週に。

岸氏は、米国防長官との電話会談後、記者団に対し、米軍機の安全性に関する懸念に対処するよう米国に要請したと語った。

———-

焦点:日本はオミクロンの懸念の中で慎重に年末年始シーズンに入る

東京発-日本は年末年始になり、症例数が少ないためCOVID-19の制限が解除されていますが、コロナウイルスのオミクロン変異体の出現に対する懸念は変わらない可能性があります。お祭りの雰囲気が再び制御されます。 。

原油価格の高騰による材料費の高騰や、仕事帰りの同僚との飲酒や食事に対する態度の変化が、日本のレストランやバーの経営者にさらなる負担をかけていることから、彼らは一年で最も忙しい時期を迎えることになります。 。

———-

米国は予想より少ない21万人の雇用を追加し、失業率は改善します

ワシントン発-米国経済は11月に21万人の非農業雇用を追加し、予想を下回ったが、失業率は10月から0.4パーセントポイント低下して4.2パーセントになった、と労働省は金曜日に述べた。

非農業部門雇用者数の伸びは、55万人の増加という市場のコンセンサスを大幅に下回り、前月から大幅に減速しました。

———-

日本航空が帰国者の復路便予約を再開

東京(AP)-日本の運輸省は金曜日、国内航空会社が翌日から国際線の予約を再開し、帰国者と駐在員が最初の全面渡航禁止令の撤回後に帰国できるようにすることを発表しました。コロナウイルスのオミクロン変異体。

国土交通省によると、全日本空輸と日本航空は金曜日の深夜から新規予約を受け付け、オミクロン対策が行き過ぎだとの批判を受けた。

———-

スピードスケート:松井大和が500人でワールドカップの最初のレースに勝ちました

ユタ州ソルトレイクシティ-日本の松井大和は金曜日の初のスピードスケートワールドカップ優勝で男子500mを獲得し、同胞の森重渡を2位で破った。

松井はオリンピックシーズンの第3回ワールドカップの試合で森重を0.05で破るために34.04秒を記録しました。 同距離で村上由馬が5位、新濱立也が6位。

———-

テキサス大学は、爆撃された日本の都市のグラフィック写真の展示会を開催します

テキサス州オースティン-広島と長崎へのアメリカの原爆投下によって引き起こされた荒廃を示す写真展が現在テキサス大学で開催されています。ベテラン。 グループ。

「光の閃光、火の壁」と題されたこの展示会は、テキサス大学オースティン校が、核兵器の恐ろしさを未来の世代に伝えるために活動している日本の写真家グループである日本反核写真家運動と協力して開催しました。 。

。共同通信ダイジェスト:2021年12月4日

Source#共同通信ダイジェスト2021年12月4日

Leave a Comment