全豪オープン 西岡義仁が4回戦進出

日本の西岡義仁は、金曜の全豪オープンでアメリカのマッケンジー・マクドナルドにストレートセットで勝利し、彼のキャリアで初めてグランドスラム・テニス・トーナメントの4回戦に進出した。

第31シードの左利きの西岡は、メルボルン・パークで7-6(6) 6-3 6-2で勝利し、16のブレークポイントのうち6つをコンバートし、2つのサーブを許した。 2回戦で負傷したラファエル・ナダルを破ったマクドナルドは、西岡の33に対して53のアンフォーストエラーを犯した.

第4ラウンドで、西岡は第18シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦し、第16シードのアメリカ人を6-3 6-4 3-6 7-6(9)で破った。

西岡がネットに出てマクドナルドのフォアハンドがワイドに出たとき、第1セットのタイブレークを勝ち取った。

2023年1月20日、メルボルンで開催された全豪オープンテニストーナメントの男子シングルス3回戦で、日本の西岡義仁が米国のマッケンジー・マクドナルドと対戦している. (共同)

27 歳の彼は、次の 2 セットで最初のブレークに飛び込み、振り返ることはありませんでした。

「グランドスラムのキャリアで初めて16回戦に進出できたことは素晴らしいことだ」と西岡は語った。 「今年最初の目標でした。」

西岡選手は結果に満足したものの、「思っていたよりもタイトでした。いいテニスではありませんでした。自分自身を注意深く観察したい」と自分のプレーに満足していませんでした。

西岡は、1968年にオープン時代が始まって以来、松岡修造と錦織圭に続いて、グランドスラムイベントの4回戦に進出した3人目の日本人となった。

全豪オープンには、日本で最も注目を集めている男女の選手が欠場しています。

全豪オープンで 2 度優勝している大坂なおみは出産を控えており、来年コートに戻ることを示唆しているが、負傷しがちな錦織は出場を控えている。


関連記事:

テニス:日本の西岡義仁が全豪オープンの3回戦に進出

テニス:日本の西岡がイメールを破り全豪オープン2回戦進出


全豪オープン 西岡義仁が4回戦進出

Source#全豪オープン #西岡義仁が4回戦進出

Leave a Comment