全米オープンの最終ラウンドに入る松山6打差

日本の松山英樹は土曜日にバーディーレスの2オーバーパー72で、男子プロゴルフの4大メジャーの1つである全米オープンの最終ラウンドに入るペースから6打を終えました。

松山はフロントナインでボギーのペアによってスローダウンしたが、アメリカンウィルザラトリスとイングランドのマットフィッツパトリックはカントリークラブでの厳しい状況を克服し、4アンダー206で3回戦のリードを共有した。

荒々しいコンディションで乾いた無愛想なグリーンでプレーしたところ、7人のゴルファーだけがパーを下回り、10人だけが同じくらい良いスコアを出しました。

日本の松山英樹は、2022年6月18日にマサチューセッツ州ブルックラインのカントリークラブで開催された全米オープンゴルフトーナメントの第3ラウンドで15回目のティーを打ちました。 (共同通信)==共同通信

ディフェンディングチャンピオンのジョン・ラームは、3番手でリードから1打差で座ります。 キーガン・ブラッドリー、アダム・ハドウィン、そして世界一のスコッティ・シェフラーが2アンダーで4位になり、ローリー・マキロイが1アンダーでグループになりました。

「少なくとも1つのバーディーが欲しかった。風は強かったが、一日中バーディーを1つも得られなかったのは最も残酷な打撃だった。一生懸命頑張って(最終ラウンドに向けて)準備する」と松山言った。

2021マスターズの優勝者である松山は、2番目のメジャータイトルを求めています。


関連する報道:

ゴルフ:全米オープン2回戦後、松山英樹が5打差

ゴルフ:松山が全米オープンで堅調なスタートを切り、4発差でリード

ゴルフ:松山英樹がクラブの違法なマーキングでメモリアルで失格


。全米オープンの最終ラウンドに入る松山6打差
Source#全米オープンの最終ラウンドに入る松山6打差

Leave a Comment