全仏オープンの1回戦出口でアニシモワに縁取られた大坂なおみ

日本の大坂なおみは、米国のアマンダ・アニシモワに7-5、6-4で敗れた後、月曜日の全仏オープンで1回戦を終えました。

かつての世界No.1は、2017年以来初めて全仏オープンの第1ラウンドで優勝しました。彼女は、2019年にウィンブルドンの同じステージで最後にグランドスラムを去りました。

日本の大坂なおみは、2022年5月23日にパリで開催された全仏オープンテニストーナメントでの最初のラウンドの試合中に、米国のアマンダアニシモワにショットを返します。(京堂)==京堂

ウォームアップイベントであるイタリアンオープンを欠場した後、アキレス腱の痛みが残った大阪は、1時間30分の試合で戦いを見せたが、20歳の相手から13人に27人の勝者を許した後、足りなかった。長引く痛みの兆候を示しながら。

試合後、大阪は6月27日から今年のウィンブルドンでプレーしない傾向があると述べた。テニス専門家協会は金曜日、ウィンブルドンがロシアとベラルーシの選手を禁止する決定をした後、今年のトーナメントからATPランキングポイントが与えられないと述べた。ウクライナの侵略。

彼女の不利な粘土の上で、38位の大阪は彼女のサーブに苦労し、1月の全豪オープンの第3ラウンドの接近戦で大阪を破った28位のアニシモワに対して再びお辞儀をしました。

グランドスラムで4回優勝した大阪は、アニシモワと2回のブレークを交わした後、11試合目でアメリカ人が3回目のブレークを決め、最初のセットを獲得しました。

アニシモワは第2セットで唯一のブレークを獲得し、第7ゲームで大阪からのダブルフォールト(対戦相手からの2対2で合計8)によって封印されました。

大阪の苦境はトーナメントで続き、彼女はこれまでに3回戦に到達することができました。

。全仏オープンの1回戦出口でアニシモワに縁取られた大坂なおみ
Source#全仏オープンの1回戦出口でアニシモワに縁取られた大坂なおみ

Leave a Comment