入試前に東京大学の外で3人が刺され、10代が祝われた

全国入試に先立ち、土曜日に東京大学の外でナイフ攻撃で高校生2人と男性が負傷し、殺人未遂容疑で学業成績に不満を感じていたティーンエイジャーが逮捕された。

警察によると、72歳の男性は、大学のメインキャンパスの門の外で午前8時半ごろ、彼と17歳と18歳の2人の学生が背中を刺された後、重傷を負った。

2022年1月15日の刺し傷事件の後、東京大学の入り口に黄色い警察のテープが見られる。(京堂)

近隣の千葉県から試験を受けるために旅行していた男女の学生は、17歳の容疑者が通りを歩いていた3人を知らないと言って、生命にかかわる怪我を負わなかった。 。 歩道は別に。

逮捕された後、名古屋の私立高校2年生で、試験を受けない容疑者は、「勉強がうまくいかなかったので、事件を起こして死にたいと思った」と述べた。警察によると、大学の近くで、国内で最も権威のある学校の1つと見なされています。

「私は東京大学で医者になるために勉強していましたが、私の成績は1年間悪く、自信を失いました」と、同じく告白したティーンエイジャーは言いました。 「医者になれなかったら、切腹をしながら誰かを殺して罪悪感を背負わせることを考えました。」

捜査筋によると、攻撃者は土曜日の午前6時ごろに首都に到着するため、高速バスで東京に到着したと警察に伝え、父親は金曜日に愛知県警に息子が行方不明であると通知したと付け加えた。 。

警察によると、未成年のため名前を隠されている攻撃者も、東京から約250キロ離れた日本の中心街にある自宅から使用したナイフを持ってきたと述べた。

警察が到着したとき、彼は地面に座っていて、近くに5インチの刃が付いた血まみれの包丁が見つかったと彼らは言った。

警察によると、彼女のバッグには液体燃料が入ったプラスチックとガラスのボトルが入っていて、折り畳み式のこぎりと別のナイフもあったと付け加えた。

攻撃は、53万人以上の志願者が受けた日本の2日間の統一大学入試が、学生とその家族の間でコロナウイルスのオミクロン変異体が急速に広がることへの懸念の中で全国的に始まったときに起こりました。

事件にもかかわらず、650以上の試験場所の1つである東京大学は、午前9時30分から予定されているように年次試験の初日を開催しました。

東京の72歳の男性が近くの交番にぶつかったため、迅速な逮捕が可能になったと彼らは言った。

2022年1月15日に撮影された写真は、首都の文京区にある東京大学の外で、10代の若者がナイフで攻撃した場所の近くの地域を示しています。 全国の大学入学試験に先立ち、高校生2人と70代の男性が負傷し、殺人未遂容疑で逮捕された。 (共同通信)==共同通信

日本では暴力犯罪は比較的まれですが、12月中旬に大阪のメンタルヘルスクリニックで放火事件が発生し、25人が死亡したなど、ここ数か月でランダムな攻撃がいくつか発生しています。

10代の銃撃者はまた、事件の前にキャンパス近くの駅で火をつけたと言ったと伝えられた。

東京消防庁によると、東京メトロ南北線東大前駅構内で午前8時半ごろに火災が発生し、約1時間後に消火した。

ナイフの攻撃は、警察と消防車が動員された現場で何人かの受験者を不安にさせたようでした。 事件は、大学のメインキャンパスの弥生セクションの門の外で発生しました。

18歳の審査官は、ツイッターを通じて何が起こったのかを知ったと語った。 「それは大きな事件になり、怖い。私はイベントで最善を尽くし、影響を受けないようにしたい」と彼は付け加えた。

東京出身の18歳の高校生である別の受験者は、人々がすでにコロナウイルスに神経質になっているときに犯罪についての不安を表明しました。

息子を試験場に連れて行った50代の女性は、息子が動揺しないことを望んでいると語った。 「彼は(このために)一生懸命勉強したので、私は彼が良い環境でテストを受けられるようにしたかった」と彼は言った。

大学入試センターは、試験を主催する州立大学、公立大学、私立大学にセキュリティ対策を強化するよう要請した。

反COVID対策の中で開催された試験は、530,367人の応募者を集め、677の会場で開催されています。

日本では、標準化された大学入試が毎年2段階で実施されており、1つ目はすべての大学で標準化されており、2つ目は大学固有の試験です。


関連する報道:

日本で同級生を刺した14歳が犠牲者に「恨み」を抱く

大阪府で刺し殺された警官が懲役12年の判決

渋谷交差点のランドマークを爆撃すると思われるナイフで暴れ回る電車の男


。 入試前に東京大学の外で3人が刺され、10代が祝われた

Source#入試前に東京大学の外で3人が刺され10代が祝われた

Leave a Comment