先生は生徒の背中に「先生のお弁当を勝手に食べてしまいました。ごめんなさい」とメモを貼った。

大阪11月22日(フジニュースネットワーク) – 大阪府の特別支援学校に勤務する20代の教諭が、給食を食べた生徒を懲らしめた後、懲戒解雇された。

教育委員会によると、2020年10月、学校で一緒に給食を食べていた1年生の隣に教師が座っていた。 その後、先生が留守の間、少年は先生の料理を自分の皿に移して食べた、とフジニュースネットワークは報じている。

先生は、少年の背中に「先生のお弁当を勝手に食べてしまいました。ごめんなさい」と書いた手書きのメモをテープで貼って対応した。 先生はメモをつけたまま、20分ほど学校内を歩き回った。

事件を目撃した別の児童の保護者が学校に通報したことで、教諭は教育委員会に自分の行動を認めた。 2022年9月、理事会からの叱責を受け、教諭は自ら辞任した。

11月22日(FNNプライムオンライン):関係する支援学校の先生がとった行動。 きっかけはランチ。 …読み続けます


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

先生は生徒の背中に「先生のお弁当を勝手に食べてしまいました。ごめんなさい」とメモを貼った。

Source#先生は生徒の背中に先生のお弁当を勝手に食べてしまいましたごめんなさいとメモを貼った

Leave a Comment