先制攻撃を禁止する日本の反撃能力提案

いわゆる敵基地攻撃能力を獲得するという日本の提案は、国際法に違反し、発動された場合の反撃を最小限に抑える先制攻撃を開始することを禁止する、と政府筋は土曜日に述べた。

情報筋によると、政府は、日本への攻撃に対する抑止力として機能する能力の詳細をあいまいにして、その意図が他国に明かされないようにするつもりである.

自民党と公明党は今月から敵基地の攻撃能力、いわゆる「反撃能力」の保有をめぐる公式協議を開始する。

閣議決定は、国家安全保障戦略を含む 3 つの公文書の見直しとともに、年末までに完了する予定です。

そのような能力の保有について合意に達した場合、それを発動するための要件は、国家安全保障戦略自体に含まれる可能性があります。

日本が武力攻撃を受けていることを政府が認めた場合、日本が反撃能力を行使できるようにするという提案があり、これは日本の議会の関与を確保することを意図した要件である。

2011 年 3 月に地中海で米海軍の誘導ミサイル駆逐艦から発射されたトマホーク巡航ミサイル。

日本が武力攻撃を受けているときだけでなく、友好国が攻撃を受けて日本の存続が脅かされている場合に、そのような能力の使用を制限すべきかどうかについても議論されています.

このような状況では、日本自体を攻撃しなくても同盟国を守る集団的自衛権を行使することができます。

しかし、公明党内の一部は、日本が反撃能力を獲得したとしても、その国が直接攻撃を受けている場合にのみ発動されるべきだと主張している.

自民党は、ミサイル基地だけでなく「指揮統制機能」も攻撃対象に含めるべきだと提案している。

敵基地を攻撃する能力に合わせて、政府は米国が開発したトマホーク巡航ミサイルなど、中国と北朝鮮の沿岸地域を射程内に収める長距離ミサイルの取得を検討している.

政策スタンスの閣議承認の必要性は、日本の純粋な自己防衛志向の安全保障体制が変わらないことを示すことを目的としていると考えられています.


関連記事:

日米が中国を念頭に置いた大規模な共同演習を開始

日本は機動性を高めるために2隻の計画されたイージス駆逐艦を小型化する

日本は極超音速兵器を迎撃するために地対空ミサイルを改造する


先制攻撃を禁止する日本の反撃能力提案

Source#先制攻撃を禁止する日本の反撃能力提案

Leave a Comment